Microsoft Office、OS X El Capitanでの不具合を修正中。

MacRumorsさんによると、MicrosoftはOfficeがOS X El Capitanで割と大きなバグが生じている問題に対処しているようです。

MacRumorsに寄せられたユーザーからの情報では、Word / Excel / Outlook / PowerPointのすべてのオフィス2016のアプリケーションがクラッシュするという報告がたくさん出ているようです。加えて、Office2011では、Outlookもクラッシュするという報告もあるようです。

ユーザーによって、時折クラッシュするパターンや、全くオフィスを開けないパターンなど、症状の度合いは様々です。

Microsoftはすでにこの問題の存在を把握しており、対応を介しているようですが、同社のプログラム・マネージャーFaisal Jeelani氏によると、まだどれくらいの時期に修正をリリースできるかはわからないということです。

ただ、完全な修正版がリリースできるまで、当座は、最新のアップデートを適用してほしい、とのこと。

とりあえず支えている人は、アップデートをしてみましょう。起動時にダメになってしまうパターンの方は、気長に待つしかないようです。

Microsoft Officeは、Office365の定期契約者であればMacやPC に常に最新バージョンのOfficeをインストールできる上に、iPadやiPhoneのアプリからも書類を開けて、以前よりグッと使いやすくなっています。

また自分のPCでなくても、MicrosoftのクラウドOne Drive上にあるOfficeファイルはブラウザ版のOfficeで編集できたりもします。

これだけ利用価値が高まり利用者も多いゆえに、アップルユーザーの母艦であるMacで動かないのは、同社にとっても致命的ですね。素早い対処が望まれます。

まあ、でもOffice365はオススメです。詳しくは以下リンクよりAmazonの商品ページで確認してみてください。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す