Apple反論!A9チップのメーカー間性能差は2〜3%に過ぎない!

昨日の記事で、iPhone6sに搭載されるA9チップが、製造メーカーにより性能差があるというユーザーレポートをお伝えしました。

ここへきて、Appleが、TechCrunchに対してこれを否定するようなコメントをしたようです。

昨日のユーザーレポートでは、iPhone6s Plusでベンチマークアプリのバッテリーテストを用いたところ、TSMC製の方がSamsung製のものより2時間も長くバッテリーが持つという結果が出ていました。その後も似たような報告が続々と出ているようです。

一方、アップルの言い分によると、

iPhone6s、iPhone6 Plusに搭載されている、Appleが設計したA9チップは、世界でも最も優れたスマートフォン用のチップです。出荷されるどのチップもAppleの極めて高い要求基準を満たし、iPhoneの容量やモデル、カラーにかかわらず、素晴らしいパフォーマンスと長時間のバッテリーライフを提供できるようにしています。

特定の製造ラボによるテストは、プロセッサに非常に重い作業をさせ、バッテリーがなくなるまで長時間にわたってそれを続けますが、これは実世界の利用とはかけ離れています。というのは、非現実的なほど長時間、CPUに最高の負荷をかけ続ける状態が続くからです。これは実世界でのバッテリーライフを測定するには間違った方法です。我々のテストとカスタマーからのデーターでは、iPhone6でもiPhone6s Plusでも、様々なコンポーネントの差異があるとはいえ、各個体による性能差は2〜3%に過ぎません。

ということです。

まあ、そんなに目くじら立てなくてもいいようにも思いますが、ヘビーユーザーにとっては、1時間単位でバッテリーが長持ちする・しないというのは大きな問題なのかもしれませんね。今後の展開を見守っていきましょう。

PR:割引キャンペーン中(執筆時点)

 

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す