iPhone6sプロセッサ問題はやはりAppleの言う通りか!?メーカー間の差異は小さい!

MacRumorsさんによると、先日来話題となっているiPhone6sのプロセッサ問題は、やはりアップルの言う通り、通常使用ではTSMC製とSamsung製との性能差は小さいようです。

上図はArs Technicaが行った実使用に近い状態でのテストですが、これを見る限り、Geekbenchを使った際に特に差があるようです。

先日来出ていた話はGeekbenchを基にしていましたので、確かにその点については大きな差があるようです。

ただ、ブラウジングなど他の場面であれば、ほんのわずかしか差がない問いうアップルの発表は間違いではないようです。

ですから、確かにTSMC製のiPhoneがSamsung製のiPhoneよりも長持ちする状況はありますが、これは全般的な問題ではありません。CPUやGPUがほぼアイドリング状態である場合や適度な負荷のかかった場合では、Samsung製のチップはTSMC製のチップとほぼ同様に働きます。そして、Samsung製チップが頑張って稼働しなければならないようなタスクはスマートフォンでは珍しいケースでしょう。稼働時のほぼ全て、iPhone6sのバッテリーライフをはどちらのチップでも同じのはずです。

と、Ars Technicaは結論付けています。

ま、皆さん自分の買ったのが、高性能であってほしいと思っているとは思いますが・・・。

 

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す