iPhoneユーザーの3分の2が「iPhone6以降」の機種を利用。

MacRumorsさんによると、米国内のiPhoneユーザーのおよそ3分の2が、iPhone6やiPhone6sなどの新しい機種を使っているとの統計が出ているそうです。

上図は、CIRP(Consumer Intelligence Research Partners)というリサーチ企業による調査です。

現在1億台以上のiPhoneが米国内で使われていると見られていますが、同社のリサーチによるとiPhone6、iPhone6 Plusの利用者が5800万台を程度だとのとこと。

また、最新のiPhnoe6s , 6s Plusが400万台程度。

6以降の最新4モデルでシェアの3分の2ほどを占めていることになります。

この統計が撮られたのは6sシリーズ発売直後の9月ですので、おそらく今頃は、もう少し新機種が増えているのではないでしょうか。

  

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す