Apple Payに追い風。小規模店向けリーダー登場。

MacRumorsさんによると、米国Square社がApple Pay用の小型リーダーを発売し、小規模な店舗でもApple Payの支払いに対応できるようになるそうです。

これまで、Apple Payに対応していた端末は大規模店舗向けのレジシステムの端末のみでしたが、これで、地方の小売店などでもApple Payでの支払いを受け付けられるようになりそうです。

上の写真のようなiPhoneの幅サイズの端末でApple Payを受け付けられるとのこと。日本でも、レジに後付けした感じのおサイフケータイ用リーダーが設置されているのをよく見かけますが、まさにあれですね。

「どこでも使える感」をユーザーが感じやすくなればなるほどそのシステムの利用が普及しやすくなります。最近の地方におけるEdy端末の普及を目の当たりにしていると、ホントそう思います。(都会では数年以上前に起こった現象でしょうけれど・・・)

Edyの普及がApplePayに追い風か??

Apple Payの到来に備えてかどうかわかりませんが、最近地方でのEdyの普及速度は恐ろしいものがあります。数年前まで対応していなかった地元のスーパーマーケットで利用できるようになったのを皮切りに、昨年まで使えなかった地方系のドラッグストアでも最近使えるようになったりと、まさに破竹の勢い。

ある意味これで、Apple Payが到来しても、容易に乗り換える人が少なくなるのではないかとも考えられます。しかし、Edyの普及が非接触型カードによる支払いへの心理的ハードルを下げて、Apple Payが普及しやすくなる土壌を作っていると言えなくもありません。

さて、まだまだ日本に来てくれそうにないApple Payの到来がまちどおしいですね。

  

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す