iPhoneは2018年に有機ELディスプレイを採用か!?

MacRumorsさんが日経新聞からの情報として伝えたところでは、Appleは2018年に登場するiPhoneに有機ELディスプレイ(OLEDディスプレイ)を採用するだろうとのことです。

同記事によると、Appleは各部品メーカーにこのことを通達したとのこと。

有機ELを採用するメリットはその省電力性。バッテリーライフの向上に大きく貢献するはずです。また、画質向上も期待できます。

有機ELをスマホ向けに現在安定供給しているのはSamsung電子一社で、また、TV向けに実績のあるのはLGディスプレイ社です。この2社が大きな供給源となることが予想されます。

実際これを受け、サプライヤーの一つである韓国LGディスプレイ社は、増産体制に入る構えです。

日本のジャパンディスプレイやシャープにも影響が出そうです。

ただ、iPhoneの需要が大量であるため、技術的なハードルの高い有機ELを搭載したモデルと従来のLCDを搭載したモデルの併売もあるだろうと伝えています。

  

  

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す