ジャパンディスプレイがiPhone向けに有機ELパネルを量産。

MacRumorsさんが、日刊工業新聞からの情報として伝えたところでは、ジャパンディスプレイがiPhone向けに有機ELパネル(OLEDディスプレイ)を供給する意向だということです。

同記事によると、2018年春の量産を目指して、来年2016年春には石川工場に試作ラインを整備するとのこと。

技術が確立できた後、国内に量産ラインを構築する運びになるようです。

iPhoneにOLEDディスプレイを搭載する話は、すでに出ており、当初のサプライヤーは韓国企業が有力だと予想されています。

いつも正確な予想で知られているKGI SecuritiesのMig-chi Kuo氏が先月出した報告では、少なくとも3年間はOLEDに移行しないだろうということでした。

そして、先日Nikkeiの記事で、アップルが2018年にOLEDへの切り替えを考えているという記事が出たところでした。

2018年がどうやらターニングポイントになりそうですね。

  

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す