Apple 2016年の展望。iPhone7、新しいMacBook Air、iPad Air3など期待の製品が続々登場!

さていよいよ2016年の幕開けです。

アップル今年、どんな製品を出してくるのでしょう。期待は膨らみす。

Apple Watchが昨年新たに登場したことで、今年は製品ジャンルはすえおきで、iPhone、iPad、MacBook、iMac、AppleWatch、AppleTVなどそれぞれのジャンルでニューモデルが登場するという展開が予想できます。

MacRumorsさんの記事によると以下のような製品が登場するようです。

iPhone 7 / 7 Plus、そしてiPhone 6cも

まず、毎年更新が恒例となっているiPhoneでは、iPhone7(4.7インチ)、及び7 Plus(5.5インチ)がほぼ間違いないく出るでしょう。タイミングはいつもどおり、秋頃の登場だと思われます。

加えて、小型の4インチモデルが復活しiPhone6cという名前で出るのではないかという話になっています。こちらは今年度前半だとの噂です。

アルミボディにiPhone6系のエッジが丸みを帯びたディスプレイガラスを搭載したモデルになりそうです。またプロセッサも現行のiPhone6sに搭載されているA9プロセッサになるという説が有力のようです。

旧機種で4インチモデルといえばiPhone5sですが、バッテリー容量は5sのものよりも大きくなるという話も出ています。確かに5シリーズの時代は、バッテリーが持たなくて苦労しました。小型モデルの唯一のデメリットであるバッテリーには十分配慮してもらいたいですね。

iPad Air 3

次にiPad。順当なアップデートを重ねているiPad Airシリーズの新型、iPad Air 3が登場することは、ほぼ間違いありません。

登場時期は今年前半から中盤にかけて。

噂はあまり出ていませんが、順当に行けばプロセッサーのアップデートが行われ、パフォーマンスアップが図られるはずです。また、RAM容量の増加もあるかもしれません。

iPhone6sで採用された3D Touchは搭載されないだろうというのが今の所有力な噂です。

ただ、これではあまりに平凡すぎるでしょうから、何か特別な「プラスワン」な新機能を搭載してくるはずです。今後の噂から目が離せませんね。

MacBook Air

さて、個人的に最も注目しているのが、MacBook Airのニューモデル。

価格と性能のバランスをとったモデルとして、MacBook Air(13インチ)・MacBook Air(15インチ)のニューモデルが出るという噂です。

昨年12インチMacBookという新シリーズが出ました。極薄・極軽でRetinaディスプレイを搭載した魅力的なマシンですが、出力ポートの少なさなど、機能的にはMacBook Airの後継とは言えない部分もあり、買おうかどうしようか迷う人も多かったようです。モバイルでの文書作成に適していますが、パワフルな作業にはあまり向かない微妙なマシン。文書用途だけに買うにはちょっとお高いのが難点でした。

「MacBook Air直系の後継機の登場が待ち遠しい!」そう望む声が多かったのでしょうか?どうもMacBook Airも併存させていく方針に転換されるのではないかという話です。(アップル的にはMacBookシリーズに統合したかったはずですが・・・)

2010年からデザインが変わっていないので、より薄いボディへと進化するのでしょうか?

現行モデルは11インチと13インチという構成ですが、次モデルの構成は13インチと15インチに大型化されるようです。11インチの噂はないですが、これはMacBook(12インチ)とかぶるからでしょうね。

「時々しか持ち歩かないけど、いざ持ち歩くときには軽いほうがいいなあ」という私のようなユーザーには15インチのAirというのはかなり魅力的です。

また、プロセッサーはインテルの次世代チップSkylakeへと進化するはずです。

もし出るとすれば、前回の更新から1年となる今年の前半ではないかということです。

MacBook Pro Retinaディスプレイモデル

ここ最近、インテルの新チップセット登場の遅れで振り回されているのがMacBook Proのアップデート。15インチモデルは13インチモデルのBroadwellより1世代前のHaswellプロセッサを積んでいる状況です。

15インチモデルに適したBroadwellプロセッサはすでに出ていますが、ひょっとするとこれをスルーして、Skylakeプロセッサを搭載するという可能性もあるかもしれません。

さて、そのSkylakeプロセッサですが、13インチモデルに合うシリーズは今年前半に出る予定です。また15インチモデルに合うシリーズも同時期の登場が予定されています。

Skylakeに歩調を合わせるなら今年前半から中盤にかけてMacBook Proのニューモデルが登場することになるでしょう。

MacBook(12インチRetinaディスプレイ)

昨年登場した新シリーズ「MacBook」のだ2世代に適したSkylake Core Mプロセッサはすでに登場しています。その点からいえば、いつニューモデルが出てもおかしくない状況です。

新しいプロセッサを採用すれば10〜20%のパフォーマンスアップと10時間のバッテリーライフが得られそうです。そして、一番のポイントはグラフィックパフォーマンスが40%もアップするということ。ユーザーからの不満ポイントになっていた部分が改善されることになります。

昨年出たばかりの新シリーズですから、おそらくデザインは変更されないでしょう。

(この記事、第1弾はここまで。続きは後ほど。)

スクリーンショット 2016 01 01 9 09 13

LINK:Amazonウインターセール開催中!

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す