アナログ時計版Apple Watchが登場!???

MacRumorsさんがAppleWatchと瓜二つのアナログ時計が出た!という記事を掲載しています。なかなかの逸品です。

この時計、スイスの時計メーカーH. Moser & Cie.’sが作った製品で、本体の形がApple Watchそっくりに作られています。

Apple Watchの登場直前直後には、スイスの老舗時計メーカーがこぞって「そんなデザインは高級時計には似つかわしくない!」というような批判をしていました。

ここへきて、こういう時計が出るということは、Apple Watchが時計業界にも何らかの刺激を与えたということでしょうか?

ハイテクなしの超アナログ時計

この時計、何と、全くの超アナログ。裏面には心拍センサーではなく、伝統的な時計メカが見えるように、サファイアガラスを使ったスケルトン構造を用いています。

コツコツとまめに働いて時を刻む部品たちを見るのは、時計マニアでなくともメカ好きなら感慨深いものです。

この時計、姿もApple Watchそっくりなら名前もそっくりな「Swiss Alp Watch」だそうです。

本体は18Kの白金で、バンドはクーズー革だそうです。興味のある方は、元ネタのサイトHodikeeに動画があるのでどうぞ。

そういえば、これから受験シーズン。普段スマホを時計代わりにしている生徒さんは、腕時計が必要になりますね。ちなみにAmazonで「腕時計」のベストセラ−1位(執筆時点)はカシオのこの製品。

たった千円で、これだけ正確に動く時計を作って売っちゃう日本企業。感謝です。

ちなみに「海外ブランド メンズ 時計」のベストセラ−1位はこちら

激安の割にかっこいいですね。

私は、時計なんて、正確であれば十分だと思っています。

まあでも、いつかはちょっとお高い時計をしてみたいなあという気もないではありません。こういうのか。

 

ちょっとブルーがかった盤面で、ソーラー式で電池の心配もいらず、電波で時間合わせしてくれるやつ。やっぱ時計はアナログのほうが自国パッと目に入りますね。

まあ、でも10万円あれば、多分時計よりもiPad Proとかそういうものを買うのに使ってしまうでしょうね。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す