iPhone7はヘッドフォンジャックなしで防水ボディに!?ノイズキャンセリングでよりクリアに音楽が聴けるかも?

iPhone7からヘッドフォンジャックがなくなり、防水加工になるという話が広がっていますが、どうなるのでしょうか?

MacRumorsさんFast Companyからの新たな情報として、iPhone7はヘッドフォンジャックなしの防水加工になり、充電はワイヤレス充電になるのではないかという話を伝えています。

この情報は「アップル社の計画についてよく知っている人物」からの情報だそうです。

ヘッドフォンジャックをなしにすることで、よりボディをより薄くすることができるとのこと。かなりの確率で防水ボディを採用し、何らかの無接点充電を採用しそうだと伝えています。

Lightningポートで音楽出力・ノイズキャンセリングも

ヘッドフォンジャックなしということになると、ヘッドフォンはBluetoothでワイヤレス接続するのが有力ですが、それ以外にもLightningポート経由の出力ということも考えられます。

アップルは現在Cirrus Logic社と共同で、Lightningポート出力対応のiPhone雨用オーティオチップを開発中だという話です。

また同チップには、音楽聴取時や通話時に周囲の雑音を軽減するノイズキャンセリング機能も搭載されるという話も出ています。

Fast Companyによると、アップルはiPhone7にはEarPods(純正イヤホン)を同梱せずに、Lightningポート接続のノイズキャンセリング対応ヘッドフォンを別途オプション販売したい意向のようです。おそらく「Beats」ブランドでしょう。

ただ、これまでのヘッドフォンジャック対応の資産を活用したい人のためにLightning−ヘッドフォン端子変換アダプターくらいは出すでしょうね。きっと。もちろん、アップルが出さなくてもサードパーティのどこかが出してくれるでしょうから、そんなに心配はいらないのではないでしょうか。

純正品でなくても、Lightningポート接続のヘッドフォンやHDオーディオなどが出回っているので、そういうのを買うのもいいかもしれません。

例えばこのような⬇︎製品です。

  

  

さて、いよいよiPhone7情報の季節になってきました。いつものペースでいうと、夏頃には生産していないといけませんから、これからどんどん情報が出回ってくるはずですね。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す