Apple、iPhone6s/6sPlusのバッテリー残量表示の不具合に対応中。

アップルの最新型のiPhone、「iPhone6s」「iPhone6s Plus」でバッテリー残量のパーセンテージ表示が更新されない不具合が発生している問題について、現在、アップルが対応中だと、MacRumorsさんが伝えています。

今週に入って、アップルは新しいサポートドキュメントを掲載し、その中でバッテリー表示問題に対処中であると伝えています。

アップルによると、表示の不具合は、タイムゾーンと時計の設定に起因するものだということまではわかっているそうですが、詳細な原因は未だ特定できていないようです。

マニュアルで時計のタイムゾーンを変更したり、移動によってタイムゾーンが変更されると、バッテリー残量表示が更新されなくなる問題が起こります。

とのこと、国内でフツーに使っている分には問題なさそうです。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す