おさらい。3月15日のイベントで発表されるiPad Air3, iPhone 5seの予想スペック。

以前にもお伝えしましたが、アップルが3月15日に、待望の4インチiPhoneとiPad Airのニューモデルを発表するメディアイベントを行うとMacRumorsなどが伝えています。

それぞれのモデルの予想スペックをおさらいしておきましょう。

4インチiPhone「iPnone5se」

今年はiPhone7シリーズが登場する年ですが、4インチモデルのiPhoneは「iPhone5se」という名前になりそうです。

現行のiPhone6sの後継ではなく、直前の4インチモデルiPhone5sの後継機という位置付けから、この名称になるようです。

  • A9プロセッサ(M9コプロセッサ)
  • バッテリー1,624mAh
  • RAM 1GB
  • Bluetooth 4.2
  • Apple Pay
  • VoLTE
  • WiFi  802.11ac

モデルラインナップは16GBと64GBのストレージ(128GBについては言及なし)が登場するようです。6sシリーズから搭載の新機能3DTouchは搭載されないようです。

おそらくこのモデルの登場により、これまで存続併売されてきたIPhonoe5sは姿を消すことになるでしょう。

iPad Air 3

こちらについては、スペックについて見えてこない部分が多いのが現状です。

ケーシングのデザインスケッチなるものが流出していますが、それ以外には多少の情報しかありません。

ただ、リアカメラにはLEDフラッシュがつくだろうという話と、iPad Proのような4スピーカーとスマートコネクターが搭載され、キーボードと簡単に接続できると予想されています。

ただ、もう少し踏み込んだ噂がないわけでわありません。

台湾のDigiTimesによると4Kディスプレイを搭載し、RAMを4GB積むという話も出ています。ただ、同サイトのこれまでの噂を考えると、情報の信ぴょう性は微妙です。

あとひと月後には結果は明らかになります。それまでにもう少し詳しい情報が出ればと思います。

  

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す