iPhone7のLTEモデムチップにIntelが参入。

MacRumorsさんによると、IntelがiPhone7のLTEモデムのチップの生産に加わるようです。

この話は、CLSA SecuritiesのアナリストSrini Pajjuri氏が複数のレポートで確認した情報のようです。

IntelはLTEチップのうち30〜40%の生産を担うことになりそうです。

現在の供給元のQualcommも供給を続けるとみられています。

アップルはクアルコム依存の解消を図るようですが、完全にクアルコムからそっぽを向くというわけではなさそうです。

Intelは、iPhone7への搭載が想定される「Intel7360LTEモデム」に関して1000人以上の人員を投入しているようです。このモデムは、最大下り450Mbos,上り100Mbpsと、より速く、LTE Category 10に対応し、29のLTEバンドをカバーします。

一般ユーザー目線で言えば、LTEの接続スピードが上がる分、ネットのブラウジングや、アプリのダウンロード、動画の視聴時により速く快適な使用ができるということになります。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す