衝撃!さらにデカイ5.8インチiPhoneが2017年に登場か!?OLEDディスプレイを採用?

MacRumorsさんによると、現行のiPhone6s Plus(5.5インチディスプレイ搭載)を上回る5.8インチディスプレイを搭載したiPhoneが、早ければ2017年に登場するかもしれないとのことです。

情報源はThe Motley Foolが入手した、公表前のDigiTimesの記事原稿。OLEDディスプレイを採用するという話はこれまでの噂とも一致しており、期待が持てそうです。

OLEDは主にSamsungから調達

同記事によるとOLEDディスプレイの供給元はSamsungがメインで、これにLGやJapan Displayも後で加わるようです。

先日サムスンが、将来のiPhone向けOLED供給に向け、70億ドルを設備投資する用意があるとの話も出ていましたし、これに続いてアップルが2018年にもiPhoneにOLEDを導入するという話も出ました。

そして、OLED導入が2017年に前倒しされるという話が、最近になって浮上しています。

DigiTimesの記事では、初年度のOLED出荷は5000万台になると見ているようですが、これは市場に出回る2億台のiPhoneのごく一部を占めるに過ぎません。

各噂サイトは懐疑的

ただ、この直後に出たMacRumorsさんの別の記事では、テック系の噂サイトはこの噂の信ぴょう性を疑っていると伝えていますが、5.8インチという微妙な大きさに、曲面ディスプレイの採用を考えているのではないかとの予想も出ています。

Galaxy Edgeばりの曲面ディスプレイ

DisplayMateのRay Soneira氏は、ディスプレイがサイドまで回りこむ曲面ディスプレイの採用する可能性を示唆しています。

Flexible OLEDディスプレイを使用すれば、湾曲したディスプレイを搭載でき、サイド部分で特別な機能を割り当てたアイコンを配置したり、特別なジェスチャーによる操作を可能にしたりできます。

なんのことはないSamsungがGalaxy Edgeシリーズでやっているあれです。

最大のメリットは、表示性能と省電力

曲面ディスプレイか否かよりも、OLEDを採用する一番のメリットは表示の鮮やかさと、消費電力量の制御でしょう。

コントラストや精緻さ、そして細かな消費電んりょくマネジメントができる点で、ユーザーの使用感はかなり向上するはずです。

さて、どんなことになるのか、今後の噂に注目ですね。

SIMフリー Samsung GALAXY S6 edge SM-G9250 LTE 64GB…

SIMフリー Samsung GALAXY S6 edge SM-G9250 LTE 64GB…
価格:82,800円(税込、送料込)

★SIMフリー★Samsung Galaxy S6 Edge Plus G928C 32GB …

★SIMフリー★Samsung Galaxy S6 Edge Plus G928C 32GB …
価格:113,100円(税込、送料込)

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す