Apple発表会速報。新4インチiPhone「iPhone se」と9.7インチの「iPad Pro」が登場!

スクリーンショット 2016 03 22 4 39 21

今朝未明2:00よりアップルの発表会が行われ、期待の新製品2つが予想通り登場しました。

1つは、小型の4インチiPhoneの新機種「iPhone se」、もう一つは9.7インチiPad Air2の後継機でありながら、先日出た大型iPad Proの機能を詰め込んだiPad Pro(9.7インチ)です。

では、発表会を、時系列で振り返ってみます。

スクリーンショット 2016 03 22 4 38 22

オープニングに登場したTim Cook CEOは、いつもと違いやや緊張した面持ちで、FBIからのユーザーデータ開示に対して、アップルはユーザーのプライバシーを守る姿勢を堅持していくということを述べました。

それから、「今日の本題を忘れてはいけませんね!」と、気を取り直してのスタートとなりました。

環境への対応

スクリーンショット 2016 03 22 4 48 55

まず、100%再生可能エネルギーの話。この目標を立ててから、数年。現在では93%を達成しているそうです。

スクリーンショット 2016 03 22 4 52 14

スクリーンショット 2016 03 22 4 54 26

太陽光発電と牧草地を共存させたり、シンガポールではビルの屋上にパネルを設置したりして、いろいろな工夫をして得たクリーンエネルギーで、データーセンターは稼働しているそうです。

紙も、99%再生紙使用を達成したそうです。

スクリーンショット 2016 03 22 4 55 39

こだわりの紙パッケージを使うための努力をしているとのこと。

ゴミの話。

捨てるからゴミが出る、だから我々は、長く使える製品を作ったり、下取りプログラムを提供したりしています。

そしてその究極が、iPhone分解マシーン!

スクリーンショット 2016 03 22 4 58 03

スクリーンショット 2016 03 22 4 58 36

iPhoneをオートで分解して、部品は他の機械の部品として再利用しているそうです。

ヘルス・リサーチキット

スクリーンショット 2016 03 22 5 01 10

スクリーンショット 2016 03 22 5 03 14

ヘルスアプリ、リサーチキットが登場してから1年が経ちました。多くの人から同時にデータを集めることで、パーキンソン病や糖尿病の研究にも役立っているようです。

また、より早い時期に自閉症だと気づくことで、子供たちの生活に大きく貢献することもできるし、てんかんの発作に怯える人の助けにもなるというような利点も紹介されていました。

Care Kit

そして、さらにこの延長線上で、治療を助けるために登場するのがCare Kitです。例えばパーキンソン病の患者さんのケアーを助けることができるとそうです。

スクリーンショット 2016 03 22 5 08 31

治療者や身近な人が患者さんの状況をリアルタイムで知ることで、より状況にあった援助ができるようになるとのこと。

そして、やっと新製品の話になります。

Apple Watch

登場以来、スマートウォッチの中で満足度No.1だそうです。そして今回さらなる満足のために新たなバンドが登場します。

スクリーンショット 2016 03 22 5 15 51

新しいナイロンバンド、ミラネーゼループ、スポーツバンドが登場

スクリーンショット 2016 03 22 5 12 53

様々なカラーが登場、気分や好みに合わせて、着せ替えるのも良いですね。

新価格、299ドル!

こちらの方が嬉しい知らせですね!なんと4万円程度の値段が、一気に値下げです。現行レートで換算すれば2万3千円程度でしょうか?

Apple TV

スクリーンショット 2016 03 22 5 13 52

放送コンテンツが増えたり、アプリが増えたりという話。

お料理やエクササイズなどのコンテンツも見られます。

huluやNetflixなど様々な動画サービスを利用して便利に使えます。

iCloudフォトが使えたり云々。

そして、ついに来ました。

iPhone se

スクリーンショット 2016 03 22 5 22 08

2015年度には依然として、3000万台の4インチiPhone(つまりiPhone5s?)が世界で売れたそうです。このことからもユーザーが、この小ささが気に入っていたり、入門機として初めて手にすることが多いということです。

そして、その後継機として登場するのがiPhone seです。

スクリーンショット 2016 03 22 5 28 44

スクリーンショット 2016 03 22 5 27 04

 

iPhone5sより2倍高速なCPU、3倍高速なGPU

スクリーンショット 2016 03 22 5 29 15

A9プロセッサを搭載。M9こプロセッサを搭載。つまりiPhone6sと同じというこですね。

スクリーンショット 2016 03 22 5 29 56

スクリーンショット 2016 03 22 5 30 00

私の持っているでかいiPhone6 Plusより速いのですね。無念。

カメラは12メガピクセル

スクリーンショット 2016 03 22 5 32 42

もちろん、スローモーションとかにもフル対応。ライブフォトも4Kビデオも。でかいiPhoneでできることが全部できますよ。という感じですね。

スクリーンショット 2016 03 22 5 34 04

LTEやWiFiも5sとは比較にならないくらいすごい!とのこと。

Apple Payにも対応です。日本には関係ないですね。

価格は399ドルから

スクリーンショット 2016 03 22 5 36 40

16GBが399ドル、64GBが499ドルだそうです。これまでで一番お手頃価格だそうです。

iOS9.3

スクリーンショット 2016 03 22 5 42 39

あれ、そろそろiPad Proか!?と思ったのですが、iOS9.3の話です。

メージャーなマイナーアップデートという感じ。

ナイトシフトモードや、メモ帳のパスコードロックなど新機能が幾つか追加されます。

スクリーンショット 2016 03 22 5 46 48

ナイトシフトモードでは、睡眠障害の原因となるブルーライトをカットしてくれます。時間に合わせて自動で調整されるようにもできます。

この画面が、

スクリーンショット 2016 03 22 5 47 03

こんな感じになります。

スクリーンショット 2016 03 22 5 47 15

また、メモ帳にロックがかかるのはいいですね。

スクリーンショット 2016 03 22 5 47 34

News アプリもコンテンツがさらに充実するそうです。

スクリーンショット 2016 03 22 5 48 56

あまり使ったことなかったですが。

あと、CarPlayの話や教育の話が続きました。

本日よりアップデート提供開始だそうです!

そしていよいよ・・・

iPad Pro 9.7インチモデル

スクリーンショット 2016 03 22 5 51 04

昨年末に登場した12.9インチのiPad Proの機能をそのままiPad Airのサイズに詰め込んだのがiPad Pro 9.7インチモデル。

なぜ、9.7インチのiPad Proをリリースするのか?

理由1:全てのiPadユーザーのための究極の後継機。

 

スクリーンショット 2016 03 22 5 53 10

スクリーンショット 2016 03 22 5 53 50

これまで、9.7インチモデルiPadシリーズの販売数の累計は2億台!!

アップルは最初にこのサイズで初代iPadをリリースし際、「必要にして十分」だというサイズを見極めて発表したそうです。全ての作業に使いやすく、かつ、持ち運びやすいというコンセプト。未だにこのサイズ、縦横比が使いやすいと多くのユーザーが支持しています。

スクリーンショット 2016 03 22 6 12 03

すべての9.7インチiPadユーザーのための完璧な買い替えモデル、まさにその通りだと思います。

 

理由2:全ての古いPCの究極の買い替えモデル

スクリーンショット 2016 03 22 6 13 36

現在、5年以上前の古いパソコンが世界で6億台も使われているそうです。実は現在iPad購入者のほとんどがWindowsPCからの乗り換え組だそうです。

5年落ちのPCからiPad Proに乗り換えたら、そりゃあ、感動間違いなしです。

スクリーンショット 2016 03 22 6 15 54

iPad用にカスタマイズされたアプリの数は現在100万アプリにものぼるそうです。

Proディスプレイ

なんといっても、iPad Pro(9.7inch)の売りの一つはディスプレイ。

スクリーンショット 2016 03 22 6 18 32

アップル特製のタイミングコントローラーも内蔵し、細かな調整をリアルタイムで処理します。

そして、究極の定反射率。これまで出たタブレットの中で、最も写り込みが少ないそうです。

スクリーンショット 2016 03 22 5 56 00

あのツルツルで鮮やかなディスプレイの唯一の問題点が消えつつあるということ。大歓迎です。

あと、25%明るくなり、より広いガンマ値、そして、ナイトシフトにも対応。さらによくわからないTrue tone displayなる機能が搭載されます。

トゥルー・トーン・ディスプレイ

スクリーンショット 2016 03 22 5 57 07

例えば、紙の書類であれば、周囲の照明などに合わせて、色味が変わります。当たり前のことですね。ところが、ディスプレイは、環境光にかかわらず、常にほぼ一定の色合いで表示されます。(ここがいいところですが・・・)

スクリーンショット 2016 03 22 6 22 57

 

ところが、逆の発想で、4つの環境光センサーを使って、周囲の照明の色味を読み取り、表示される画面をそれに合わせるというのがTrue Tone Displayという機能。

会場のオーディエンスからは「へー」とも「ふーん」ともつかぬ微妙な沈黙で迎えられました。

より自然に見え、一度使ったらやめられないとのことですが、微妙。

しかしこれまでも、それいるの?的に感じたものが今や当たり前になっていることは、よくあること。実際に見るまでは馬鹿にしな方がいいかもしれません。

4スピーカー

スクリーンショット 2016 03 22 5 57 29

やっと、付きます。予想通り、音がいいに越したことはない。

A9Xプロセッサー

スクリーンショット 2016 03 22 5 58 54

まさにiPad Pro 12.9 inchと同格の扱いですね。

Pro専用キーボードつきカバー

スクリーンショット 2016 03 22 6 00 22

9.7インチ専用モデルが同時登場します。スマートコネクターでワンタッチ接続。スマートコネクターは給電機能も搭載していますので、充電も面倒な接続設定も必要ありません。

Apple Pencil

スクリーンショット 2016 03 22 6 00 27

Apple Pencilに対応。これもProとしての売りの一つです。筆圧だけではなく、傾きによるペンのタッチ差を判別します。

スクリーンショット 2016 03 22 6 37 16

もちろん、パームリジェクション対応のソフトウェアで、手をついた状態で描画できます。

新しいLightningカードリーダー

iPadのように登場する新たなカードリーダー。

SDカードから直接写真を読み込めるます。また、USBカメラアダプターでは給電機能を搭載。小型のUSB機器(例えばLANアダプター)などへの給電ポートとしても使えます。

カメラも進化

スクリーンショット 2016 03 22 6 41 24

iPhone6sでできることは全部できる、みたいな感じです。

FaceTime カメラも5メガピクセル。

スクリーンショット 2016 03 22 6 42 53

色は4色、ローズゴールドも加わりました。iPhone6sと同じです。

ラインナッップは32GB / 128GB / 256GB。価格は599ドルから

スクリーンショット 2016 03 22 6 54 11

さて、注目の価格は、WiFi32GBモデルが599ドル。(執筆時レートで67,000円。)あ、日本のHPで価格出ていますね。66,800円。レートも現行のものになってしまったようです。

WiFi128GBモデルは749ドル。日本では84,800円です。わー、パソコン買える値段ですね〜。

そして、iOSデバイスは暑の256GBモデル!

WiFi256GBモデルは、102,800円。

セルラーモデル(LTEモデル)はそれぞれ+16,000です。

めちゃくちゃ欲しいけど、MacBookのニューモデルが出たら買いたいので迷いますね。スマートキーボードにトラックパッドが付いてくれたら、迷わなくて済むのですが・・・。

予約開始は3月24日

スクリーンショット 2016 03 22 6 59 40

予約開始は3月24日、そして発売開始は31日だそうです!

スクリーンショット 2016 03 22 6 59 56

さて、皆さんはどうしますか?

詳細は、すでに立ち上がっているAppleの公式ページの各製品詳細へどうぞ。

LINK:iPad Pro 

LINK: iPhone se

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す