MacBook Air後継機?新しいウルトラスリムなMacBook 13インチと15インチが6〜7月に登場か?!

Apple発表会に新型Macの登場を期待していた方、拍子抜けしましたね。私もその一人ですが、気落ちしないでください。MacRumorsさんによると、13インチと15インチの極薄型のMacBookが6〜7月頃に登場するかもしれないとのことです。

この情報の元ネタはDigiTimesで、今年第2四半期の末あたりに”ultra-thin”なMacBookが13インチと15インチモデルで登場するということなのです。

6月のWWDCで発表か?

さてカレンダーイヤーの第2四半期の終わりということは、7月末にあたります。となると、6月13〜17日あたりに行われるとみられているWWDC(World Wide Developers Conference)で発表されるのが妥当な線でしょう。

MacBook Airより薄く

同記事によると、デザインは現行の12インチMacBookのデザインを踏襲し、厚さは現行MacBook Airよりも薄くなるとのこと。ただ、この記事の書き方では、MacBookのどのシリーズの後継機として出るのか明確にはわかりません。

昨年12インチのMacBookが新登場して以来、その存続が議論の的になっていたMacBook Air。だだ、年途中からは、「MacBook Airにも新型が登場し、そのサイズは13インチと15インチになるだろう」という話が散発的に出ていました。(11インチはなくなるとも言われていましたね。)

その話と一致するのですが、MacBook Airという名称はこの記事では出ていないようです。ひょっとするとMacBook12インチのサイズ違い姉妹モデルというラインナップの仕方や、MacBook Proの新型として登場することもあるかもしれませんね。

ただ、このウルトラスリムなデザインの中に、Proレベルの機能を詰め込むのはちょっと厳しそうに思います。だからやっぱMacBook もしくはAirを名乗るのではないでしょうか。

  

 

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す