iOS9.3、旧機種向けの配信を一時停止。アクティベーショントラブルに対処中。

MacRumorsさんによると、Appleは、アクティベーション時のトラブル多発により、旧世代iOSデバイス向けのiOS9.3の配信を一時中止しているようです。

iOS9.3は発表会を機にリリースされたメジャーマイナーバージョンアップですが、iPhone5s以前のiPhoneや、iPad Air 2以前のiPadでトラブルが多いため、配信を一時停止したとのこと。

具体的には、これらの機種でiOS9.3にアップデート後、アクティベーション画面でAppleIDを入力する際、以前セットアップに使ったIDを使用しなければならないのですが、そのIDやパスワードを思い出せずスタックしてしまうというトラブルのようです。

AppleがiMoreに回答した内容によると、現在この問題に対処した新たなバージョンのiOS9.3を数日以内にリリースするとのことです。

すでに、アクティベーション画面で行き詰っている方は、アップルのサポートサイトにある指示に従ってくださいということです。

  

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す