5.8インチOLEDディスプレイ搭載のiPhoneの登場が現実味を帯びてきた!あのMing-Chi Kuo氏が2017年の登場を予想。

MacRumorsさんが、5.8インチという大画面OLEDディスプレイ(AMOLEDディスプレイ)を搭載したiPhoneの登場は2017年になる可能性が大だと伝えています。

この情報はKGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏の予想で、同氏の予想はいつもかなり正確ですので、大いに期待できます。

iPhone4のような両面ガラスボディで、曲面ガラスの5.8インチ画面

同氏のレポートによると、このiPhoneは、iPhone4や4sのように背面もガラスをまとった両面ガラスボディで、サイドにメタルフレームを持った構造だろうとのこと。

そして、スクリーンガラスは丸みを帯びたデザインで、5.8インチのAMOLEDディスプレイを搭載するだろうということです。

5.8インチだけど5.5インチよりコンパクト

5.8インチと聞くと、5.5インチのiPhone6s Plusよりデカイじゃん!という声が聞こえてきそうですが、実際は湾曲ディスプレイの回り込み部分があるので、本体サイズは現行の5.5インチモデルよりもコンパクトになるはずだと同氏は述べています。

2017年のラインナップ予想には2つのシナリオが

同氏は、2017年のiPhoneのラインナップについて、AMOLEDディスプレイの供給体制しだいで、2つの可能性を考えているようです。

まず、1つ目のシナリオ。

もし、AMOLEDディスプレイの供給量が十分確保できそうなら、従来型LCDベースのディスプレイを搭載した4.7インチモデルと、AMOLEDディスプレイを搭載した5.8インチモデルのラインナップにするというもの。

2つ目のシナリオ。

もし、AMOLEDの供給体制が十分でない場合は、従来型LCDディスプレイの4.7インチモデルと5.5インチモデルを用意し、さらに第三の選択肢として5.8インチAMOLEDディスプレイ搭載モデルを販売するともの。

この2つのシナリオいずれにせよ、5.8インチのAMOLEDディスプレイを出す気満々だと考えているようです。

 

【ポイント15倍】[iitrust] Bluetooth ワイヤレスイヤホン Bluetoot…

【ポイント15倍】[iitrust] Bluetooth ワイヤレスイヤホン Bluetoot…
価格:2,087円(税込、送料込)

 

 

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す