Apple iPhoneに背面ガラスのデザインが復活。2017年に登場か?

iPhoneがiPhone4sのような両面ガラスのデザインに戻る可能性が大きくなってきました。

MacRumorsさんによると、見事な的中率を誇るKGI SecuritiesのアナリストMing-chi Kuo氏が、2017年に出る新型iPhoneには両面ガラスのデザインと、AMOLEDディスプレイが採用されるというレポートを出したそうです。

最近、ドラマなどをみていても「コレiPhone6sかな?」と思っても、カメラが寄って行くとAndroidスマホだったりします。多くのスマホがアルミ筐体を採用していて没個性的になっていますね。

どうやらAppleは他機種に埋没するのを嫌って、ガラスボディを復刻させようということのようです。

ガラスボディで重量増??

そういえば、ガラスボディはチョット重かったな?という記憶がありますが、この点はどうなんでしょう。iPhone4sは小さかったですが、結構いい感じにずっしりしていて、持った感は良かったのですが、iPhone6s や Plusの最座だといささか重すぎじゃないかと感じます。

同記事によると、より薄く軽量なAMOLEDディスプレイの採用で、軽量化が図られるので、その点は相殺されるのではないかと伝えています。バッテリーにも優しいので、バッテリーの軽量化もできるかもしれませんね。

さて、2017年というのが引っかかる気もします。

いつものパターンだと

2014 iPhone6

2015 iPhone6s

みたいに新機種(ナンバーのみ、s無し)と改良機(sモデル)の2年更新だったのですが、今年2016年に新機種を出して、さらに2017年にも新機種を出すのでしょうか?

あるいは、追加のラインナップということでしょうか。気になります。

続報に注目しておきたいですね。

 

 

 

 

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す