Apple CEOティム・クック氏、Time誌の今年最も影響力のある100人に選出。

MacRumorsさんによると、アップルのCEOティム・クック氏がTime誌が選ぶ “the 100 most influential people”に選ばれました。

添えられた記事には、

アップルはエレガントで革新的な製品で知られています。それらの製品は私たちが人とつながり、コミュニケーションする方法を変え、また、働き方や考え方、そして行動様式を変えることで世界を変革してきました。その成功が続いていくには、勇気と、妥協をせず高みを追求する人格と、高い倫理観を持ち、文化や社会集団として我々が何者なのかを精力的に問いかけることも含め、常に現状を打破し続ける姿勢を持ったリーダーが必要です。

ティム・クックこそ、そのようなリーダーなのです。

と添えられています。

そして、その柔らかな物腰の奥に秘められた、確固たる信念に基づいて決断していく姿勢をたたえています。

ジョブズ亡き後、新たな時代のアップルを率いてきた彼が今後どのような経営をしていくのか、世界が注目しています。

  

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す