iPhone7新たな流出画像。第3の穴はレーザー・オートフォーカス?

9To5MacさんがiPhone7の新たな流出画像を紹介しています。よく見ると、カメラレンズとLEDフラッシュの間に謎の穴が空いています。

この画像は中国のWeiboに投稿された画像で、あるユーザーの見解ではこの第3の穴はレーザー・オートフォーカス用の穴だとのこと。

これにより、暗所でのフォーカスが正確になるほか、通常時の撮影でもフォーカス速度が速くなるメリットがあるのではないかとのこと。

アンテナラインもこれまでの画像とは少し違っているようです。

この画像、4.7インチモデルだそうです。

iPhone7 Plus (5.5インチモデル)にはデュアルレンズカメラが搭載されるという話もあり、やはり、目玉機能がない時はカメラをグレードアップする手法に頼るのかな?という感じはします。

 

 

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す