iOS10まだまだあるぞ新機能!!Safariのスプリットビュー、メールフィルター、ユニバーサルクリップボード。

スクリーンショット 2016 06 18 14 26 16

MacRumorsさんによると、iOS10では、ロックスクリーンが大幅に改良されたり、メッセージアプリのカスタマイズ機能が搭載されたり、写真アプリが大幅に進化したりと、かなりの大改造になっているのですが、さらに思った以上の新機能が搭載されているようです。

あまりにも変更が多すぎて、意外とチェックがぬかっていたりするのではないでしょうか?

MacRumorsさんが痒いところに手が届く紹介動画を作っています。ぜひご覧ください(動画は最下段にあります)。

まずは動画に出てくる順で、解説を入れておきますね。

  

iPadのSafari 画面分割

まずは、サファリ内でスプリットビューが使えるようになっています。画面分割をして、2つのタブを同時に表示できるようになります。

タブ数も無制限に

メール

メールも使いやすくなっています。12.9インチのiPad Proでは、Macのメールアプリのような3カラム構成で、素早くメッセージ間を行き来しながら詳細も見られます。

最も新しいメールが一番上に来る順に並べるのか、下にくる順に並べるのか、トグルボタンで選べるようになりました。

また、フィルター機能も搭載。さらにはUnsubscribe(購読停止)ボタンも搭載されました。

電話

スパム電話(迷惑電話)を予測判定してくれるように。

またボイスメールを文字に書き起こす機能も搭載されました。

確かに、Siriのエンジンを使えば、簡単に搭載できそうな気もします。

iCloud

iCloudで、様々なファイルをデバイス間で共有できるだけでなく、ユニバーサルクリップボードによって、デバイス間をまたいでコピー&ペーストできるようになりました。

メモ

メモアプリにユーザー追加機能を搭載。他の人を招待して読めるようにすることも可能になりました。

 

Apple Music

Musicアプリは全面刷新されたので、違いをあげればきりがないですが、地味に新しい機能としては、デバイス内でのストレージ使用量を設定できる機能が追加されています。

これで、ストレージサイズの小さなデバイスでも、使いやすくなるのではないでしょうか。

時計

就寝・起床時間を設定しておけば、時間が迫っていることを教えてくれます。

キーボード

クリック音がちょっと変わりましたね。

標準アプリの削除

標準アプリが削除できるようになったのは、ご承知の通りです。例えばカレンダーアプリを削除した後で、Siriに予定追加をお願いすると、できないよと指摘されてしまいます。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す