2017年、iPhoneのホームボタンが消滅。

2017年のiPhoneは空前の大変化だという噂が出ていましたが、どうやらもう一つの噂であったホームボタンの消滅がここにのっかてくる模様です。

MacRumorsさんによると、2017年のiPhoneはディスプレイにさらに重点を置くものとなりそうだということです。

一つは前面の端から端まで覆うOLEDディスプレイの搭載。

それに加えて物理ホームボタンを廃して、ディスプレイ内にホームボタン機能を再現すること。

さらには、TouchIDの指紋認証機能もディスプレイ内で処理されることになりそうです。

近年、設計のチーフであるジョニー・アイブはi「Phoneが一枚のシートのように見える」ことを目指していると発言していますので、この話は、タイミングがいつかを除けば、いずれは実現される可能性が高い話のはずです。

さて、となると、今年2016年に発表されるiPhoneは中継ぎ投手的な役割になりそうです。ユーザーの購買意欲を掻き立てられるだけのものになるのか・・・。気になるところです。

 

 

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す