iPhone7のホームボタンが反応しない!さあどうする??

iPhone7でもしホームボタンの押下感知がバグったら一体どうなるのでしょう??

iPhone7ではホームボタンが物理ボタンでなくなり賛否両論ですが、一つ言えることは物理的なボタンの不具合がなくなり、防水性にも一役買ったということです。が、ボタンの押下感知がソフトウェアてきにバグった場合制御不能になるのでしょうか?

MacRumorsさんによると、アップルはその点に関して、当座の回避策を提供しているようです。

TapticEngineで押下反応をフィードバックしているこのホームボタン。その制御はiOS10の基本的な機能のようで、万一動作不良を検知すれば、自動的に善後策が取られるようになっているようです。

具体的には、画面上にバーチャールなホームボタンが出現し、しばらくこれを使うように促されるようです。

充電中に不意に電源が切れた場合や再起動直後などに、TapticEngineのフィードバックプログラムなどがうまく機能しなくなり、ホームボタンが反応しなくなることがあるようで、その際に、ポップアップ表示とともに上記のような回避策が起動するようです。

まあ、以前から(特にボタンの壊れやすかったiPhone4シリーズで)物理ホームボタンが不調になった時には、アシスティブタッチを表示させてるのは定番の回避策でした。それが自動化されたという感じですね。

来年のiPhone8では、このフィジカルなホームボタン自体も無くすようですから、バーチャルボタンの制御がすでに内部的には確立しているのでしょう。

  

 

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す