早くもMacBookシリーズ 2017年モデルの噂。プライスダウンか?

先日新型MacBook Proがリリースされたばかりですが、早くも次期モデルが登場するとの噂です。

MacRumorsさんによると、今回の話は、正確さを誇るKGI SecuritiesのMing-chi Kuo氏のレポートによるもので、かなり期待できそうです。

同氏によると次期MacBook群は2017年にも登場し、既存モデル、新モデルともに値下げが行われるということになりそうです。

また、今回登場したMacBook Proは電力消費の問題からRAM上限が16GBとなっていますが、次期シリーズでは32GB RAMがサポートされそうです。

いやいや、今回こそ買おうと思っていましたが、この話を聞いてしまうともう1年買い替えを待ってみようかとも思ってしまいます。

 

どのMacBookがニューモデルに?

この話のメインになっているのは、MacBookとMacBook Proのようです。

12インチMacBookの2017年モデルが32GB DRAMをサポートして登場すると見ています。新コアのIntel製Cannonlakeプロセッサの登場が間に合えば、15%〜25%も省電力化されるこのプロセッサを採用するだろうとのこと。また、間に合わなければ、CofeeLakeプロセッサを搭載するだろロウとのことです。

また、MacBook Proも32GBを搭載できるように、リフレッシュされるようです。こちらは、現行のものに32GB対応をさせ、Cannnonlakeプロセッサを搭載させたい構えで、Cannonlakeプロセッサの登場時期に左右されるだろうとのこと。うまくいけば2017年の後半に登場となるだろうとのことです。

 

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す