MacBook Pro (2016)のバッテリー問題は深刻。Consumer Reportsで低評価。

スクリーンショット 2016 12 23 8 04 50

AppleのMacBook Proのバッテリー持続時間が不安定だという不満が、あちこちから聞こえていますが、大手サイトのConsumer Reportでもオススメモデルから落選してしまったようです。

世間の噂では、TouchBar搭載モデルのバッテリー持続時間が不安定だとの評が多いようですが、同サイトによると、TouchBarなしのモデルも同様だと判断されているようです。

同サイトは、消費者が購入するモデルと同じ機体を使って評価をしています。今回も小売店から入手したMacBook Proの15インチ、13インチ、13インチのタッチバーなし、の3モデルを評価してます。

それぞれ数回連続でバッテリー持続時間をテストしたそうです。

13インチTouchBarあり 最長16時間、最短3.75時間

13インチTouchBarなし 最長19.5時間、最短4.5時間

15インチ 最長18.5時間、最短8時間

同サイトによると、通常はラップトップPCの持続時間の誤差は5%以内だとのこと。

もちろん、作業内容などによって、プロセッサのブーストモードがオンオフされた結果であろうと考えられますが、それにしても、4時間を切るバッテリーライフでは迂闊に電源のないところでは作業できないことになります。

デスクトップ代わりの屋内での使用なら良いですが、負荷の低い作業で、機動性を生かしたい人は、MacBookを選択する方が良いのかもしれません。

MacBook Pro、かなり軽くなっているので、これ1台でオールマイティーに使いたい人は、このバッテリーライフ問題が落ち着いてから購入を検討する方がいいのかもしれません。

 

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す