本日のおすすめケース。iPhone6sワイヤレス充電「Qi」対応ケース。せっかくイヤフォンもワイヤレスになったんだから、充電もね!iPhone7用もあります。

本日のおすすめケースはiPhone6s用、Spigenのタフアーマー無線充電Qi対応ケースです。

iPhone7が出たことで、Bluetoothイヤフォンがスタンダードになりつつありますね。購入した人も多いのではないでしょうか?私もその一人です。

ちなみに私が買ったのは、これ。

 

無線充電Qi対応ケースを導入しよう!

閑話休題、せっかく無線化したので、本体の充電も無線にしたらもっと便利になりそうです。いろいろ調べているうちにこれがベスト!というモデルにたどり着きました。

激安品もいろいろあるようですが、ケースの老舗Spigen、人気のタフアーマーシリーズにも無接点充電Qi対応モデルがあるのことを知りました。

ケースの裏側にQi用のコイルが仕込まれていて、それを下図のようにLightning端子にプラグインしておくことで、iPhone本体に給電します。

このケースのいいところは、Lightning端子を使いたい時(有線のイヤフォンや、PCとの接続時)にすぐにQiからのプラグをはずせること。ケース自体を外す必要がないのがすごい!

興味を持った方は、下記リンクよりアマゾンの商品ページへGoです。

LINK: 【Spigen】 iPhone6s ケース / iPhone6 ケース, タフ・アーマー ボルト [Qi チー 規格 ワイヤレス充電 対応](Amazon)

ちなみにiPhone7用なら

iPhone7用ではこちらの製品はどうでしょう。

タフアーマーはまだ出てないようです。

あとは、お気に入りのケースの裏に、Qi用のコイルを仕込むという方法もあります。粗悪品もあるかもしれないので、レビューをよく読んで購入した方が良さそうです。

 

 

Qi給電パッドの購入をお忘れなく

さて、このケースを使うためには、給電パッドも買っておく必要があります。こちらは、アマゾンや楽天で格安品がよりどりみどり。一例を挙げておきますね。

上記ケースの説明画像で使われているのは、この商品じゃないかなあという気がします。デザイン的に。

 

一番コスパが高そうなのがこれ。Amazonベストセラーで、評判も悪くなさそうです。

ちょっと小さすぎてiPhoneが安定しておけないかもと心配な方、大きめのものや、スタンドタイプを買うといいかもしれません。

 これは大きめで、激安ですね。

 

ただ、Qiは給電パッドとレシーバーの相性が合わない場合もあるようなので、その点は買ってみないとわからないところがあります。いろいろ試してみる覚悟で買うといいですね。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す