看板に偽りあり!?AirPods充電ケースが過放電。24hも持たないじゃん!

Appleが鳴り物入りで登場させたAirPods(ワイヤレスイヤフォン)。バッテリーケースに入れることで、簡単に再充電できるのが売りだったはずですが、一部ユーザーから不満の声が上がっています。

MacRumorsさんによると、丸一日間AirPodsに充電できるはずのケースが、わずか数時間で半分近く放電してしまう事態が起きているようです。

このレポートによると、ほぼ満充電のAirPodsを、満充電のケースに入れて数時間後、ケースの充電残量が40%も減っていたケースもあるとのこと。

Redditのseverinskulls氏も同様の現象が起き、一晩で15〜20%のバッテリー減があり、新品に交換してもらったそうです。ですが、また同様の現象が起こっているとのこと。どうやら、こういう事例が多くあるようです。

さて、一体どういうことでしょう?今後を見守る必要がありそうです。

 

この記事もいかが?

本日のおすすめケース。iPhone6sワイヤレス充電「Qi」対応ケース。せっかくイヤフォンもワイヤレスになったんだから、充電もね!iPhone7用もあります。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す