iPad 2017年モデルは3サイズで登場か? 9.7インチ➡︎10.5インチにアップグレードの噂。

本年度登場のiPadは3サイズのラインナップになるだろうという話が出ています。しかも、出処は高的中率を誇るアナリストMing-Chi Kuo氏。

MacRumorsさんが、Ming-Chi Kuo氏のレポートからの情報として伝えたところでは、iPad Pro 12.9インチ、iPad Pro 10.5(or10)インチ、iPad (Pro?)9.7インチという3サイズになりそうだということです。

iPad Pro 12.9インチは正常進化、9.7➡︎10.5

このうち12.9インチモデルは、現行の大型モデルiPad Pro 12.9インチの後継機に当たるものになるだろうとのこと。通常の同機種のニューモデルということですね。

そして、現行のiPad Pro9.7インチが進化して、10.5(または10)インチモデルになるという話です。外形サイズは変わらず、ベゼルが細くなって画面サイズがアップするということのようです。

そして、廉価モデルとして9.7インチが存続されることになりそうだとのこと。

上位モデルはA10Xチップ搭載か

上位モデルとなる12.9インチと10.5インチには、現行iPhone7に搭載されているA10チップのグラフィックスを強化したA10Xが搭載されることになりそうだとのこと。これは例年通りの流れですね。

そして、廉価モデルの9.7インチはA9を搭載するのではないかとのこと。

最近タブレット市場は飽和状態で、iPadの出荷数は年々減少しています。一旦買えば数年は使えるので、まあ、当初のようには売れないのはしょうがないでしょう。私のiPad3もモッサリ感はありますが、無理すれば使えなくないなという感じです。

モッサリのせいで、ネットや電子書籍の閲覧、カレンダー、メールくらいしか使っていません。ゲームとかは無理かな。いい加減新しいのが欲しいのですが、なんか昔は5〜6万円で買えてたのが、今や8〜9万円するという印象で手が出しにくくなっている気がします。

Kuo氏のレポートでも、出荷数を稼ぐのは廉価モデルの方だと書かれているようです。

12.9インチを買う理由

最近、友人が12.9インチモデルを買って、家の中で使うには、このサイズが抜群だと感激していました。 確かに持ち出すにはデカすぎますが、この大きささなら、電子書籍の雑誌や漫画を読むには最高。特に雑誌は、9.7インチモデルでは部分拡大をしないと字が読めないので、12.9インチの威力が発揮される分野ですね。あー、買いたい。でも、次が出るなら、そこまで我慢しよう!

重さを気にしている人がいますが、私の持っているiPad(第3世代)(つまりiPad Airになるより前の世代)と同じ程度の重さです。Airしか知らない最近のユーザーの方にとっては確かに重いですが、昔からのユーザーにとっては、「画面でかいのに重さ変わってないじゃん!」というくらい軽いんです。大きさの割に。

ベストは、持ち出し用の9.7or10.5と、リビング用の12.9の二刀流。ま、そんな金銭的余裕があればの話ですが。

 

 

 

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す