MacBook Pro 2016が名誉を回復!!Consumer Reportsがバッテリーは問題無しと判断。

MacRumorsさんによると、年末に出た新型MacBook Pro(2016)のバッテリー問題は、どうやら「問題無し」で決着がついたようです。

「新型MacBook Proのバッテリーの持続時間がイレギュラーに短くなる」という点を、大手サイトConsumer Reportsが指摘したのが事の発端でした。

LINK(過去記事):MacBook Pro (2016)のバッテリー問題は深刻。Consumer Reportsで低評価。

しかし、アップルから申し出があり、共同で原因を調査に乗り出していました。

LINK(過去記事):MacBook Pro 2016バッテリー問題。「そんなはずはない・・・」Appleが異論。

年末年始のホリデーシーズン中に、その原因がわかったようです。

 

原因は開発者向けセッティングのバグ

結論から言うと、Consumer Reportsが使用したテスト環境のうち、Safariのデベロッパー向けのセッティングが、特定のバグを引き起こしたのが原因だとのこと。

アップルは、「このモードはユーザーは使用しない」ものとして、通常のユーザーモードでのテストを行ってみることを提案したようです。

その結果、アップルの主張標準バッテリー持続時間付近で、安定した結果を出し、Consumer Reportsも、「問題無し」のお墨付きを出したとのこと。

また、Appleは最新のmacOSベータ版では、開発者モードのバグも修正されているとのこと。先日ベータ3が出たところなので、正式リリースもそう遠くはないでしょう。

どうやら、これで安心して新型MacBook Proを買えることになりそうです。

 

 

 

 
ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す