iPhone8予想コンセプトモデル特集。

次々と発売されるiPhoneのニューモデル、毎回更新というわけにはいきませんが、今年2017年はいつもと違った年になりそうです。

通例では、マイナーチェンジの “s”モデルが出る回りですが、今年は10周年を記念して、7sではなく、ビッグアップデートのiPhone8が出ることが間違いないだろうという話です。

MacRumorsさんが、様々な方面から出ているiPhone8の予想コンセプトモデルを一気に紹介してくれていますので、かいつまんでお伝えします。

1つ目はThadeu Brandao氏によるコンセプト。噂されているEdge to edge(端から端まで)デザインに、デュアルカメラを搭載。前面背面ともにガラス仕様で、アルミニウムのフレームでサイドが覆われています。

同氏のサイトにはさらに詳細な説明があります。

 

続いては、Veniamin Gaskin and Ran Avniによるイメージ。同様の噂に基づいて作られていますが、大きく雰囲気が異なります。

 

3つ目は、iDrop Newsによるコンセプトイメージ。MacRumorsさんによるとこれは今までの噂にかなり忠実だとのこと。

 

ここまで見て分かるのは、大枠はすでに定まっている感じだということですね。今後の楽しみ方としては、実際に製品化される段階で、そのコンセプトがどう具体化されてくるかというところに、想いを馳せるということでしょうか。

iPhone7買っちゃった派としては、今回は買わずに見て楽しむだけになりそうです。それよりも、iPad Proの新型が出ないかなあという方に気持ちが持って行かれています。去年は春に9.7インチモデルが追加されたので、今年も春にニューモデルが出るといいなあ。我が家のモッサリiPad3をそろそろ更新したいなあと思っているのですが、待ちきれずに現行モデルを買っちゃうかもしれません。雑誌ビューアーとしては、12.9インチも捨て難い。うーん。

  

 

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す