iPhone 8、カメラ穴が縦長になる疑惑!?

今年秋に出ると言われているiPhone8、前面が両端までディスプレイになるという話ですが、今度はカメラ穴が縦長になるという話が出ています。

MacRumorsさんがweiboのユーザーが投稿から拾った上の図を紹介しています。

おそらく、製造ラインでテストのテスト用に作った、試作モデルのデザイン案の一つに過ぎないと思いますが、結構な衝撃です。

というか、見た目のバランス的に微妙。

最終案がこれにならないことを祈ります。というか絶対にいやです!

もう一つの注目点は、前面一面がディスプレイになるのに伴って、TouchIDが背面シェルに移動していること。これは他の噂でもすでに伝えられていました。

現行のiPhone7 Plusを発展させたモデルという扱いになりますが、画面は5.8インチと若干サイズアップ。両端までディスプレイを伸ばしたおかげで大画面化できます。

そして、この図の寸法を見ると、iPhone7 Plusよりも若干大きくなっているようですね。もうiPhoneというよりはiPad microぐらいの名前で良さそうな気がしますね。

話は変わりますが、先日登場したiPad9.7インチの2017年モデルが、Amazonでも買えるようになっています。要チェック!

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す