Microsoft Surface Laptopが登場。MacBookに強敵現る!ライトユースに最適な10万円PC。

マイクロソフトが教育製品発表会でSurface Laptopを発表しました。廉価モデルは$999で、日本円にして10万円ちょい。MacBookとガチにぶつかるPCとなりそうです。

Windows 10 S搭載

MacRumorsさんによると、このSurface Laptop(サーフェスラップトップ)は教育機関をメインターゲットにしたPCですが、購入は誰でも可能です。

特徴的なのは最廉価モデルは「4GBメモリ+128GBSSD」という最小構成ですがプロセッサにはCore i5を搭載し、ライトユースなら十分に耐えうる処理能力を備え、かつ10万円程度で買えるというお手ごろ感です。

しかもWindows 10 Sを搭載することで、ライトな構成のマシンでも優れたパフォーマンスを発揮できるとのこと。楽しみです。

昨年はMicrosoft曰く、「MacBook Pro TouchBar搭載モデルが振るわず、Surface Bookがよく売れた」格好になりましたが、今回もMacBook12インチモデルへの脅威となる予感がします。

実際私自身が、MacBookの2017モデルの登場を待ち望んでいますが、一向にその気配がなく、思わずSurfaceに惹かれそうになっています。

アップルが早く次の一手を打ってくれることを願います。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す