新型MacBook 2017年モデルへの期待。WWDCで発表か。

MacRumorsさんによると、6月に開催されるWWDCで、待ちに待ったMacBookシリーズの新型ラインナップの発表が行われそうです!

この情報の出処はBloombergが伝えたものですので、かなり期待していいのではないかと思います!

新型は、12インチMacBookとMacBook Proそして存続が危ぶまれているMacBook Airが登場するのではないかということです。

MacBook Proは昨秋にアップデートされたばかりですが、より処理能力の高いKaby Lakeプロセッサーに載せ替えられたモデルへとさらなるアップデートが施されるようです。 

12インチMacBookは、一昨年の登場から一年で、昨年3月にアップデートされています。一年ごとのアップデートサイクルを期待していましたが、今年はまだ出ていません。このタイミングで一斉に発表するために待たされている状況なのでしょうか。

そいてAirですが、一昨年の3月からアップデートされていません。12インチMacBookの登場で、Airのラインアップが整理されていることから、Air自体が廃止されるのではないかという憶測が飛び交っています。もし今回新型が登場すれば、アップルの戦略の方向性が今後どうなっていくのかわかることになりそうです。

Airのコストパフォーマンスの高さは現在でも多くのユーザーから支持されています。私はここ数ヶ月MacBookの12インチを買おうと待ち続けていますが、実情としてはAirも捨て難いなあと迷っています。

処理能力や入出力ポートではAirの方が優れていると感じます。ただ、iPhoneやiPadでRetinaディスプレイを見慣れてしまった身には、Airの荒いディスプレイはちょっと満足感が足りないなという思いがします。

画面だけRetinaにしてくれれば間違いなくAirを買うことになるでしょう。WWDCでの発表が楽しみです。

 

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す