iPhone8 TouchIDなし?ワイヤレス充電器は別売りか?


(画像はiDropNewsより)

iPhone8にワイヤレス充電器は機能が搭載されるという話が出ていますが、充電器自体はオプション品となるかもしれません。また、TouchIDの廃止も話に出ています。
MacRumorsさんによると、この情報は、いつも正確な情報を伝えるKGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏が顧客に出した覚え書きによるものだそうで、当てにできそうです。

TouchID

同氏の覚え書きには、

As the OLED iPhone will not support fingerprint recognition, we think it may have to rely on facial recognition to ensure security. As such, we believe Apple (US) will be very demanding as regards the quality of 3D sensing, thereby increasing the difficulties in hardware production and software design.

OLED対応モデル、つまりiPhone8にはTouchIDは搭載されず、顔認識システムが導入されるとのこと。

そのための3D認識技術が生産のボトルネックになっているとのことのようです。

ワイヤレス充電器

iPhone8と同時に出るであろうiPhone7sシリーズも無線充電対応のため、ガラスボディが採用されるだろうとのこと。

Wireless Power Consortium規格にのっとった機能が本体には搭載されますが、オプションの充電器を買うことでその機能が使えるようになるだろうと、同氏のメモは伝えています。

ちなみにWireless Power Consortium(WPC)の規格にのっとったワイヤレス充電のスタンダードと言えばあの「Qi」ですね。

同氏によると、急速充電の利便性も考えてLightning-USBケーブルも同梱されれだろうとのことです。ただし、USB側の端子は、一部の噂に出ているUSB-Cではなく、これまでと同じUSB-Aになるとのことです。

さて、夏休みも近くなってきました。夏が終われば秋。新型iPhoneの季節はもうすぐです。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す