iPhone8増産に必死。アップルがサプライヤーに設備援助。

アップルがiPhone8の生産遅延を挽回するために、パーツ生産用の設備を自ら購入し、サプライヤー工場へとリースしているようです。

MacRumorsさんによると、iPhone8生産のボトルネックとなっている基盤(Rigid flexible printed circuit)の生産設備をアップル自ら購入し、サプライヤーにリース提供しているそうです。

この設備は数千万ドル級の設備でディスプレイやカメラ部品のキーとなるものだそうです。いよいよ本腰を入れて秋の発表発売に備えているようです。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す