「iPhone8は低調」はウソ。そもそもiPhoneXありきなのです。

アップル製品情報については欠かせない人物KGI SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏にによると、「iPhone8の出だしが低調だ」という話はおおげさすぎるとのこと。そもそもアップルは遅れて予約開始になるiPhoneXと先行発売の iPhone8シリーズで、予約数は従来の数を50:50だと予想していたとのこと。

合計で従来同様の数が出るとしたら、そりゃiPhone8の予約数だけを見ると単純計算で半減するはず。

今後のiPhoneXの動向注視すべき状況のようです。

Xの予約開始後に、合計数でも低調であれば初めて「不振」の烙印を押して良いということになりそうです。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す