サードパーティ製USB-C to Lightningケーブルはまだ買っちゃいけなかったのね。来年早々MFI認定か。

MacRumorsさんにに衝撃の記事(わたし的には)を見つけてしまいました。MacBookシリーズのUSB-CポートとiPhoneをつなぐあのケーブル。純正以外はまだ非認定品だったのですね!

記事によると、2019年早々にも、いくつかのサードパーティに対して、USB-C to LightingnケーブルをMFI(Made for iDevice)認定するそうです。 

MFI認定品以外は自己責任!

長年アップル製品を使っている人には、MFI認定の重要性がわかると思います。

非認定品は、iOSのアップデートで使えなくなる可能性があります。

AppleはOSのアップデートのたびに、非認定品を締め出すようにしています。私もiPhone3G以来、AVアダプターなどさまざまな安売り非認定品を買いましたが、アップデート後に使えなくなり、安物買いの銭失いとなってしまいました。

最初の1つは、使用したのはわずか3日。(だって、MFI認定のこと知らなかったのです。)喜んでアップデートしたら、買ったばかりのアダプタが使えなくなりました。

みなさんお気をつけください。

おすすめは、純正またはMFIのUSB-A to Lightningケーブルにコネクタ変換を噛ませるパターンです。

以下、アマゾンのおすすめ品(Amazon’s Choice)に選ばれている製品です。

 

ケーブルは、純正よりも、他社製の方が、コネクタがしっかりしていて抜き差ししやすかったりします。ご参考まで。

 

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す