iPad Pro 2018年モデル、まがってる!・・・でも欠陥じゃない!?

MacRumorsさんによると、2018年モデルのiPad Pro (11インチと12.9インチ)の出荷が始まってすぐに、一部のユーザーから「届いたばかりのiPad Proが曲がっている」という情報が入ったとのことです。

当然、曲がったiPad Proを手にしたユーザーは嘆き悲しんでいるわけですが、アップルのレスポンスは「欠陥ではない」との無情なメッセージだったのだそうです。

このアップルのレスポンスは、同件についてコメントを求めたThe Vergeに対しての返事で、「アルミ製の筐体にごくわずかな反りがあるのは、工程に置ける副作用」であり、それ以上反りが進むこともなければ、iPadのパフォーマンスにも「実用上の」悪影響はないとのことです。

「実用上」の問題がなくても、10万円オーバーの新品ガジェットが曲がっているのは受け入れ難いですね。しかも、Apple製品を買っているユーザーの多くは、そのデザイン性にわざわざ高いお金を払っている部分が大きいですからね。

なんとか、交換対応していただきたいものです。

iPad Pro 2018は曲がりやすい?

iPad Proを曲げてみた動画を見ると、曲がりやすいのかなーなんて思ってしまう部分もあります。

にして、最初から曲がっているのは嫌ですね。

Apple的には、返品率が従来に比べて高いということはないとコメントしていますが、製造上の欠陥と認めてないものは交換していないでしょうから、このコメントはあんまり意味がないかもしれないですね。

iPadのプロじゃない方が結構コスパが高い上に、Apple Pencilまで使えるのだから、そっちでいいや!という人も増えています。

例えば、こんな↓キーボードカバー着ければ、iPad Proも目じゃないですからね。

 

さて、冷静に考えると、あんだけベゼルレスになってくると弱くもなるわなぁ、と思います。もう十分スリムなので、この先はスリム化しない路線に変更すればどうでしょうね!?

 

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す