次期iPhone(2019年)はUSB-CポートとTouchIDを再搭載か?

スクリーンショット 2018 12 28 22 47 00

MacRumorsさんによると、Atherton Research社のアナリストJean Baptiste Suが、次期iPhoneにはUSB-Cポートが採用され、ディスプレイ内蔵型に形を変えてTouchIDが復活するとのことです。

 

Su氏の発言によると

我々は、ノッチがやや小さく、指紋リーダー(TouchID)を画面内に搭載し、USBーCポートを採用した、新たな設計の2019年モデルiPhone Xをアップルが出すと考えています。しかし、それでも、メモリーカードによる拡張性や、バッテリーライフ、超急速充電やカメラのクオリティではアンドロイドスマートフォンのフラッグシップモデルには及ばない上に、その一方で価格はそれらよりも高くなるでしょう。

とのこと。

価格が高いのは今更いうまでもないですが、性能面では負けないでほしいですね。

ただし、同氏による情報には眉に唾をつけて見た方が良いとの注釈もつけられていました。

どうなんでしょう。

最近やっとiPhoneXSに乗り換えた身としてはFaceIDも捨てたもんじゃないと思います。

これから花粉の季節ですので、指紋認証の方が便利なシーンが増える気もしますが・・・。

噂に関しては、確実性の高いMin-chi Quo氏がなんと言うか、待ち遠しいところです。

全然関係ないですが、そろそろQiで置きっぱ充電したいなあと物色中です。これなんかいいかなあ。

ブックマーク へのパーマリンク.

コメントを残す