iPhoneでスケジュール管理、最強のタッグ「iCloudカレンダー+さいすけ」

Appleの新兵器iCloud、人によってはまだ利用価値を見出せてないかもしれません。
わたしはついにその良さを実感できました。
以前の記事で書きましたが、GoogleカレンダーからiCloudカレンダーに移行してみたのです。
それからしばらく経って、わかったことがあります!
iCloudカレンダー使える!!
Googleカレンダーになんら遜色ありません。

ふりかえってみると、iPhoneのカレンダー自体はもともと使いやすいものでしたが、当初MacのiCalを使ってない人には、iPhone単体で使うだけの人も多いというのが実情でした。これではガラケーのカレンダーと同じです。
そして、iOSがバージョンアップするにつれGoogleとの同期が標準機能になり、多くの人がGoogleカレンダーと同期して使うようになりました。

さて、こんな中でのiCloudカレンダーの登場。Googleカレンダーを使っている私たちには、今更感が否めませんでした。
が、最強の組み合わせを見つけました。
iCloudカレンダーと、「さいすけ」の組み合わせです。

得られるメリット

1.iCloudができたことで、GoogleカレンダーとおなじようにWebからも使えるようになりましたので、弱点がまずひとつ克服されました。職場のWindowsPCからでもアクセス可能。一括で大量入力したいときはMac/PC から入力できます。

2.さいすけを使うと、月間表示で予定内容が見れます。iPhoneのカレンダーでは月間表示ではタップした日の予定のみが、下の小窓に表示されます。iPhoneを横持ちにすると、週間表示にはなりますが、一覧性は低いです。さいすけなら月間カレンダー内に予定が表示され、一覧できます。

3.さいすけでは、は標準のカレンダーより、豊富な通知設定ができる。もちろんGoogle+さいすけでもできることですが、iOS標準のポップアップ通知が2つ使える点でiCloudカレンダーの方が優れています。

詳しい比較と、移行の設定(簡単です)は過去記事をどうぞ。

iOS5 インプレッション iCloud vs Google 比較、カレンダーやメールはどちらが便利なのか? – 曇天砂漠 Mac, iPhone,デジタルガジェットな日記
iOS5 新機能インプレッション iCloudカレンダー編2 GoogleカレンダーからiCoudカレンダーに移行する。移行方法は簡単。 – 曇天砂漠 Mac, iPhone,デジタルガジェットな日記

Google Chrome 14 for Mac リリース。Lionのフルスクリーンアプリに対応。

満を持しての登場です。
グーグルお手製の多機能ブラウザ、Chrome(クローム)がバージョンアップしました。

もともと使いやすいフルスクリーン表示ができましたが、OSX Lionのフルスクリーン表示に対応。他のフルスクリーンアプリとの間を、3本指(4本指)スワイプで移動できるようになり、
さらに便利になりました。
また、Native Cliant機能により、ブラウザ上のJava scriptアプリをよりネイティブアプリケーションに近い状態で走らせることができるようになったようです。

ソニー、日立もiPhone5, iPad3にディスプレイパネル供給か。

http://www.macrumors.com/2011/11/27/apple-suppliers-starting-to-ship-4-screens-for-next-iphone/:tit
le=Mac Rumors]さんが、日立とソニーが時期iOSデバイス用にディスプレイを出荷しているとのことです。

Macお宝鑑定団によると日立と、ソニー・モバイル・ディ
スプレイの2社が4インチLCDを時期iOSデバイス向けに出荷し始めたそうです。
「アジアの除法筋によると、日立ディズプレイとソニー・モバイル・ディスプレイが新たなiOSデバイス用の4
インチディスプレイとiPad3用のディスプレイを出荷開始しました。またこの2社は2012年には東芝モバイル
ディスプレイに合併し「ジャパン・ディスプレイ」として業務を引き継ぐことになります。」

このレポートでは、iOSデバイスが何かということについては触れられていませんが、時期iPhoneのことと考え
るのが自然です。アップルは時期iPhoneでの4インチディスプレイの採用について模索しているようです。
iLoungeのレポートでは4インチディスプレイの採用が報じられています。

これまで、アップルはiPhoneのシリーズに3.5インチディスプレイのみ採用してきました。片手持ちのデバイス
に最適なサイズは3.5インチだという主張は確かに説得力があります。

Facebook iPadアプリを発表。iOS5、時期iPhoneと同時発表の予定

マッシャブルはFacebook待望のiPadアプリが10月4日にアップルのイベントで発表される可能性が高いと報告しています。iPadアプリに加えて、FacebookはiPhoneアプリの改良版とHTML5版のモバイルサイトも発表するとも報じられています。

iPadアプリが今年初めにリークされましたが、その後iPhoneアプリ内から削除されたことを覚えている方もいると思います。元Facebookのエンジニア、Jeff Verkoeyenによると、アプリは準備ができており、Facebookはリリースの時を待っています。アップルと共に発表会を行うことは、理論的には正しいようですが、これまでこの2社にはたいした関係はありませんでした。

おそらく最も重要なのは、AppleがTwitterがiOS5に統合するのと同様にFacebookを統合するということです。現行iOS4の開発段階ではFacebbookが統合されていましたが、Zuckerbergとアップルが物別れしたために、Facebookは外されてしまいました。

Facebookはその主なプラットフォームとして、HTML 5に移りたいのが実情ですが、スピードが向上した改良版iPhoneアプリもリリースする予定です。もしそうであれば、10月4日は時期iPhone,iOS5さらにFacebookのiPadアプリと、重要な日になることは間違いありません。

元記事は9TO5macさんです。
Facebook iPad app to be announced at upcoming Apple event? | 9to5Mac

アップル、次なる一手は「iCam」。iPhone5が高性能デジカメに

9to5Macさんによると、登場が期待されているiTVのさらにもう1歩先に待ちかまえているのは、「iCam」ではないか
とのことです。
f:id:CloudyDesert:20111129124423j:image

伝記「スティーブ・ジョブズ」の著者Walter Isaacsonが今月初めにForbs誌のインタビューに答えていた際に、
ジョブズが再発明したかった3つの分野がテレビ、本、写真技術だとわかったのですが、我々はすでにiTVという
テレビが開発中だと多くの噂を耳にしています。
またジョブズの目指した業界再編という高い目標には届いていないものの、アップルは書籍については実際すで
に多くのことを成し遂げています。

ところで、iPhone4Sのカメラはは写真家のAnnie Leibovitzから称賛されるほどにアップデートされています
が、ADR Studiosの面々はそれに満足せず、次期iPhone5を本格的なカメラへと変える外部アクセサリーのコンセ
プトを作り上げています。それが「iCam」です。

噂に聞くiPhone5のカメラのスペックを考え、ADRのコンセプトは10.1メガピクセルのセンサーに加え、ISO100~
3200までの範囲をカバーし(拡張モードで6400)、60FPSのFullHD動画も撮影可能ということになっています。

この仮想スペックのコンセプトモデルはアルミニウム・ユニボディで、交換可能レンズ、全面にも小さなタッチ
スクリーンを備え、LEDフラッシュ、ミニプロジェクター、SD UHS-i スロット、モーションセンサー、ブルー
トゥースを搭載します。この豪華なコンセプトモデルを見た後で、同様のものを開発しようとする企業はそうそ
うないのでは・・・と思います。

新たに12カ国でiTunes Music Storeが利用可能に!

9TO5MacさんによるとEU加盟国のうち新たに12カ国でiTune Music Storeが利用できるようになったそうです。
新たに仲間入りしたのはBulgariaブルガリア, Cyprusキプロス, Czech Republicチェコ, Estoniaエストニア, Hungaryハンガリー, Latviaラトビア, Lithuaniaリトアニア, Maltaマルタ, Polandポーランド, Romaniaルーマニア, Slovakiaスロバキア, Sloveniaスロベニアです。

日本でMusic Storeが利用可能になってからずいぶん立ちますが、これがなかいなんて、今や想像

できません。
「Music Storeはまだか!」と絶望の叫びを上げていた国々にもついに光が差しました。
日本では iTunes Book Storeが使えませんがいずれは使えるようになると信じて待ちましょう。
アプリで本を読むのはもうたくさんだという方は私だけではないはずです。

元記事
iTunes Music Store Goes Live in 12 New European Countries – Mac Rumors