iPhone4-Plus (iPhone4S)は中国重点モデル、近日発売

Mac Rumorさんより

Appleがその改良されたiPhoneのラインナップに何が導入されるかをめぐる論争が、今後数週間にわたってますます激しさを増しそうです。JPモルガンのアナリスト、マークモスコウィッツは議論に加わり、同社は実際に二つのモデルを導入すると主張しています。:再設計されたiPhone 5と、もう少し安く、中国市場に重点をいた”iPhone 4 -プラスです(もちろん他の地域ででも入手できますが)
JPモルガンの調査では、iPhone 5は、GSMとCDMAの可能な軽量、薄型のフォームファクターに基づいて作られていると、ほのめかしています。言い換えれば、”ワールドモード”スマートフォンですが、LTE非対応です。モスコウィッツ氏はまた、iPhone 5はiPhone 4の3.5インチスクリーンより大きな網膜ディスプレイを持っているとLEDフラッシュ付き8メガピクセルのカメラを搭載していると予想しています。

iPhone 4のプラスは、現在のiPhoneに基づき、ローエンド製品として現行iPhone 3GSに突堤代わるることが予想されています。モスコウィッツ氏は、4Sが中国で1つ以上のネットワークキャリアをターゲットとするだろうが、中国専用になることはほぼないと考えている。
新設計されたiPhone 5の唯一の具体的な証拠は、リークしたデザインに基づいて設計されたサードパーティ製のケースという形のみです。iPhone 4に似た”iPhone 4S”向けの多数の部品は過去数ヶ月にわたって表面化しているが。その結果、Appleが2つのモデルを両方ともリリースするのか、それともしないのか。しないならば、そのうちどちらがiPhone5なのかという疑問が生じている。

不確実性を助長しているのは、一部のアナリストが再設計されたiPhone 5をAppleのサプライチェーンで見ていないという事実である一方、モスコウィッツを含む他のソースは、Appleが実際に2つの別個のモデルを発売することを主張しています。

元記事
[Appleがその改良されたiPhoneのラインナップに何が導入されるか:title]