アップル、モバイルOS利用シェアで引き続きグーグルにリード。

9to5MacさんによるとAppleはMobile OSの使用シェアでGoogleのAndroidを上回ったとのことです。

今日出たいくつかのレポートで、AppleのiOSがGoogleのAndroidとの差を更に広げたことがわかりました。SymbianOSが依然として首位、世界で最も使われているMobileOSの座を守りました。この傾向は先月からの通りです。

StatCounterのデータは3億のサイトのモバイル機器のデータを追跡、分析したサービスです。2011年11月時点でiOSがモバイルOSのほぼ4分の1を占めています。10月に23.48%だったのが11月に24.21まで増加しましたが、一方Androidは22.1%から21.9%までわずかに下げました。

おそらくAppleが繰り越し需要を見越し、iPhone4Sの立ち上げに成功したことがこのリードの要因です。Appleは400万台を発売1週目で販売しています。
SymbianOSは30.95%を占めており、依然として首位を保っています。一方BlackBerryOSは更にシェアを減らし10月の4.94%から8.44%に減少、記録を更新してしまいました。