iOS版Google Chrome(グーグル・クローム)ブラウザ。iOS6のSafariより一足お先にデバイスで間連携体験。

言わずと知れたグーグル製ブラウザChrome。ついにiOS版が登場です。
スムーズな表示、無制限のタブ増殖、そしてGoogleアカウントを利用したデバイス間での連携が目玉です。

次期iOS6のSafariにも搭載予定の機能の先取りが、「ほかのデバイス」機能。
「今PCで見ているページをiPhoneから開きたい!」というようなときにすぐに開けて便利です。
試しにGoogleアカウントでログイン済みのMac版Chromeでネット閲覧中に、iPhoneやiPadのクローム(Googleアカウントでログイン済み)を開いてみてください。
そして、新しいタブを開いて、画面下の「その他のデバイス」にフリックしていくと下のような画面が出ます。
f:id:CloudyDesert:20120629220723j:image:w300
他のデバイス上のクロームで開いていたページがリストアップされており、コレをタップするだけでそのページをひらくことができます!

試しにこのブログのページをiOS版Chromeで開き直して見たところ、ログインしている状態で開けました。ログイン情報まで引き継いでくれているのでしょうか。ありがた恐ろしいことです。

もちろんGoogleアカウントでログインしていれば、Chrome間でのブックマークの共有もできます。
f:id:CloudyDesert:20120629221203j:image:w300

あと素晴らしいのが、操作性。
とくに、Chromeはアドレスバーが、検索窓を兼ねているので、その分画面がスッキリします。
だから、検索文字の入力中に出る入力候補の広いし、予測による候補サイトの表示も行われスムーズに検索できます。
f:id:CloudyDesert:20120629220828j:image:w300

現行Safariでは検索窓が右上の小さなボックスなので、ついついGoogleのページを開いてから、そちらに入力してしまいます。次期サファリではChromeと同じになる予定ですが、それまではChromeに分がありそうです。

そして秀逸なのがタブの処理です。

4つ以上のタブを開くと、タブバーがアコーディオンカーテンのように端にたたまれて、整理されます。
f:id:CloudyDesert:20120629221001j:image:w300
タブバー上でタブを左右にスライドすることですべてのタブに簡単にアクセス可能です。

f:id:CloudyDesert:20120629221311p:image:w300

また、タブ間の切り替えは、画面の表示部分をはしからスワイプすることで、ページをめくるように移動できます。
f:id:CloudyDesert:20120629221045j:image:w300