iWorkアップデート、Mountain Lion発売とiCloudのアップグレードに対応。

9to5MacさんによるとiWorkがアップデートされ、先日発売されたレティナ・MacBook Proの高解像度に対応し、iCloudへのドキュメントの同期に対応したそうです。

iWorkには7月30日付けで廃止となるクラウド・ストレージiWork.com(β)への連携機能が長らく搭載されていましたが、iCloudへの一本化が決まりました。
これに合わせてiCloudとの連携を標準機能とした模様です。

OSX Mountain Lionリリースされました!AppStoreに登場。さあインストールだ。 まったり実況、随時追記

OSX Mountain Lion 登場です。
(下へ行くほど古い情報です。)

7/26午後 インストール開始、34分かかるとの表示。
f:id:CloudyDesert:20120727063243j:image
すんなりとインストールされました。
以前の記事で書いたように、事前にアプリの互換性を確認していたので、「アプリが動かない!」というトラブルもなく。快適です。
link OSX Mountain Lion、アップグレードの前にアプリケーションの互換チェックを! – 曇天砂漠 Mac, iPhone,デジタルガジェットな日記
そして、インストール時にメインドライブのルートに「互換性のないソフトウェア」というフォルダを作成して、互換性のないソフトをそこに移動させてくれます。また、インストール終了後最初の起動時に、互換性の無いソフトの一覧をを表示してくれます。

7/26 6:45am 朝起きると、ダウンロード完了していました。ほったらかして寝てました。
さて、インストールしたいところですが、9to5Macさんにインストールかかる時間の目安が載っていました。

SSDのRetina proは異常にはやいですが、HDDの機種は1時間弱かかるようです。HDDの速度と容量が関係しているのかな?
私のはMacBookPro2010で、HDDを720GBに換装してあるので、出勤前に終えるのは難しそうです。後にしよう。

23:18pm ダウンロード開始!
f:id:CloudyDesert:20120725231935p:image

10:59pm 依然として購入不可です。
9to5Macさんでもユーザから同様のエラー(サーバエラー?)の情報が寄せられています。
link Some users trying to download Mountain Lion hitting error messages | 9to5Mac | Apple Intelligence

10:17pm 現在、購入しようとすると、「現在一時的に使用できません。」のアラートが出て、購入不可です。

10:10pm 現在、ついにトップページをMountain Lionが飾っています。
f:id:CloudyDesert:20120725221435p:image

(9:49現在)アップストアのトップページにはまだ出ていませんが
有料アプリのトップ項目に君臨していたLionが消えていたのでもしやと思って探すと、出ていました。

Appleのホームページにはまだ変化がありません。
(Lionのときも同じような感じで、あとからAppleのホームページの特設ページからストアへのリンクが出来ました。今回ももう少しすれば、同様にリンクが張られるのでは無いでしょうか。)

トップページの以下のアイコン(Apps)をクリックすると。
f:id:CloudyDesert:20120725215104p:image

以下の画面が出ます!

f:id:CloudyDesert:20120725215103p:image

とうとうリリースされましたね!
価格は予告通り1700円です。

SnowleopardかLionからアップグレード可能です。

それ以前の方はsnow leopardをまず買いましょう!

Mac OS X 10.6 Snow Leopard

Mac OS X 10.6 Snow Leopard

OSX Mountain Lion、アップグレードの前にアプリケーションの互換チェックを!

19:00時点ではまだ、Mountain LionはApp Storeに出ていません。

待ち時間でひとつやっておきたいこと、それはアプリの互換性チェック。
RoaringApps.comさんが互換性チェックリストを提供しています。アプリ名で検索できるので便利です。(英語)

link App Compatibility Table – RoaringApps – App compatibility and feature support for OS X & iOS

毎度のことですがOSXのアップグレードで使えないソフトが出てきます。

一時的に使えないがアップデートで事後対応されるもの、
すでにMountain Lion対応のアップデートがなされているもの、
はたまた、対応予定のないものなど様々です。

Mountain Lion入れてから仕事に必要なアプリが動かずに「泣き」ということもありえます。

私はSnowleaopardにした時だったか、Parallelsの手持ちのバージョンが対応しておらず、慌ててお金を払って最新版にアップデートしたことがあります。

バックアップと対応確認お忘れなく!

OSX Mountain Lion本日夕刻より発売開始か。発売日は予想通り。

米国時間24日Appleの業績報告があり、その中で25日よりApp StoreでMountain Lion を発売開始とのアナウンスがあったようです。

米国太平洋標準時(夏時間)で7月25日0:00は、日本時間25日午後4:00ですので、早ければ本日夕刻より発売の可能性があります。

ただし、いつもiOSの新バージョンがでるときのパターンを考えると、現地時間の営業開始時間、日本時間で翌日未明と見ておいたほうがイライラせずにすみます。

(追記:Lionの時は夜10:00ぐらいだったようなので、それくらいの時間が有力でしょうか。)
私は、今からTime Machineで久しぶりにまるごとバックアップし始めます。

Mountain Lion にはLionかSnowleopardからアップグレード可能です。価格はたったの\1,700。

iOSの便利機能を逆輸入したさまざまなアップデートが施されています。詳しくはAppleのOSX Mountain Lion特設ページ と、以下の関連記事をどうぞ。

関連記事

Mountain Lion旧世代Macを一部切り捨て!!対応機種一覧 – 曇天砂漠 Mac, iPhone,デジタルガジェットな日記

iCloudアップデート、メモ、リマインダー対応(まずは開発者向けリリース) – 曇天砂漠 Mac, iPhone,デジタルガジェットな日記

OSX Mountain Lion新機能ピックアップ その2 リマインダーとメモ。うっかりが多いあなたに – 曇天砂漠 Mac, iPhone,デジタルガジェットな日記

OSX Mountain Lion新機能ピックアップ その1 衝撃の価格¥1,700!しかも・・・ – 曇天砂漠 Mac, iPhone,デジタルガジェットな日記