テザリング対策、モバイルバッテリー。超大容量20000mAhが6299円、10000mAhが2479円。

間もなく12月。SoftbankのiPhone5でもテザリングができるようになります。

テザリングにも使用することで、これまで以上にバッテリーの消費が激しくなります。

そんな時に嬉しいのがモバイルバッテリー。

3000mAh〜5000mAh程度のコンパクトなものが一般的ですが、ヘビーユーザーのあなたにはちょっと心もとないですよね!

調べてみてびっくり、10000mAhの大容量バッテリーがいまや3000円台で買えちゃうんですね。

バッテリー残量表示、USB2ポートなど充実の装備。スマホとタブレットを同時に充電可能です。

 

さらには、20000mAhでも6000円台で買えてしまうんですね。

 

冬休みの帰省や旅行に公共交通機関を使う方も持っておくと安心ですね。

Appleコンピュータ初号機!ポラロイド写真が発掘される。

MacRumorsさんがTime.comからの情報として、Appleコンピュータの製造第一号機の写真を掲載しています。

この写真はTechnologizerのHarry McCrackn氏が、1976年当時にアップル製品を販売していたByte ShopのPaul Terrell氏の写真の山から発見したものです。

Byte Shopは当時カリフォルニアで創業していた、世界で唯一のコンピューターショップでした。

訳あってアップル製品を売るはめになりましたが、その当時に取ったポラロイド写真が上の画像です。

Terrell氏によると、ある日スティーブ・ジョブズと、スティーブ・ウォズニアックがApple1の初代モデルを引っさげて来店し、ここで売ってくれと頼んだのだとか。

「彼はそのマシンをApple-1と呼んでいましたが、単なるむき出しの基板だったんだ。購入したユーザーは自分で必要なチップをハンダ付けしなきゃならなかった。それから、電源やキーボード、ディスプレイをの自分で載せるんだ。」

Terell氏は大いに関心を持ったものの、売りたいのは完成品だとジョブズに伝えたそうです。

もし、ジョブズが完成品を持って来れば、50台を買い取るだろうとつたえました。

そして、後日ジョブズはそのとおりにします。

こうして、Byte ShopはAppleの最初の販売店となったのです。

techland.time.comにこれ以外にもたくさん写真が掲載されています。