Retina版iPad minは2013年後半に登場か?

MacRumorsさんがリサーチ会社DisplaySearchのアナリストからの情報として伝えたところでは、iPad miniの次期モデルがレティナディスプレイを搭載して、2013年の後半に登場するだろうとのことです。

同社のPalu Suenza氏は、CNETへのインタビューで、以下のように答えています。

今年第3四半期に、iPad mini用の高解像度ディスプレイパネルの生産の可能性があります。

中略

レティナ版のminiがいつごろリリースされるかですか?

恐らく第3四半期が、第4四半期でしょうか。

また、あまり驚きはありませんが、同氏の情報によると、ディスプレイの解像度は2048 x 1536ピクセルで、フルサイズのiPadと同じです。ただし、ディスプレイサイズが小さい分、ピクセル密度は高くなり、324ppiとなっています。

続きを読む