WWDC直前。2013Macbook Pro (/retina) / Macbook Air新製品予想のおさらい。

MacRumorsさんに、2013年のWWDCで発表されるであろうMacBook Pro 及びMacBook Airの新型についてのこれまでの情報のまとめが掲載されています。

MacBook Pro Retina

これによると、MacBook Pro レティナディスプレイモデルの13インチに関しては、さらなるも携帯性の向上を図るため、現行よりもスリムなデザインを投入するだろうとのこと。

また、FaceTime HDカメラをアップグレードし、Full HD対応にするのではないかとのことです。

現行のMacBook Pro Retina 13″ はMacBook Air 13″よりも性能は高いものの、携帯性ではどっこいどっこいで、両者の差別化がいまいちうまくいっていないように思えます。このへんをはっきりさせてもらいたいなという感じがしなくもありません。

MacBook Pro

非レティナの従来型のMacBook Proは、いずれ消えゆく予定のモデルだというのが、一般的な見方のようですが、依然として、手頃な価格で買えるMacであり、HDDの方がSSDよりも保存容量が大きいというい事も相まって、依然としてよく売れています。入門機としての実用性は高く、売れている間は無理に廃止はしないだろうとの予想ですが、アップデートはないだろうとのことです。

MacBook Air

MacBook Airは、MacBook Pro Retinaで実用性を確認できたDualマイクロフォンを搭載するだろうとの予想です。よりクリアな音声でFaceTimeなどが楽しめます。

 

WWDCのキーノートプレゼンは米国太平洋夏時間で6月10日午前10時、日本時間で6月11日午前2時より。

いよいよですね!1周間後が待ち遠しい!