本日のおすすめケース。ダウンジャケットライクなスマホケース。

本日のおすすめケースは、NOL ダウンライクカバーケース。

ダウンジャケット調のポーチ型ケースで、衝撃からスマホを守ってくれます。

フックでベルトからぶら下げるもよし、カバンのサイドに吊るすのもよしです。

内側には、液晶クリーナー用の素材を利用していますので、いつも画面がピカピカ。

アウトドアな雰囲気が、これからの季節にピッタリです。

現時点では、楽天のCaseCampさんでポイントキャンペーン実施中なので、

興味のある方は以下リンクよりどうぞ。

LINK:シュラグブランドのカバーケースNOL(ノル) ダウンライクカバーケース/ポーチ (オレンジ) 楽天:Case Camp

LINK: シュラグブランドのカバーケースNOL(ノル) ダウンライクカバーケース/ポーチ (ホワイト) 楽天: Case Camp

Nokia Lumia925CM でiPhoneのカメラ叩き! でも、めげるなApple、“Nobody kicks a dead dog”の心で頑張ろう。ついでにデール・カーネギーまとめ。

MacRumorsさんによると、NokiaがLumia925のCMで、iPhoneのカメラをけちょんけちょんに言っているそうです。

後の動画を見ると分かりますが、iPhoneのPhotos Every DayというタイトルのCMをもじって、皮肉っています。

iPhoneのCMは「毎日、iPhoneで、どの携帯よりも多くの写真がとられています。」というフレーズが使われていましたが、Nokiaはこの後に「でも、Nokiaが大切にしているのは量よりも質なのです。」と付け加えました。

Nobody kicks a dead dog.

 Appleは最近良く比較広告出されていますが、比較され、罵倒されてもめげなくてよいのですよ。

かのデール・カーネギーも「Nobody kicks a dead dog.(死んだ犬を蹴飛ばすものはいない)」と言っています。この言葉は心が折れそうなときに私をいつも支えてくれる言葉なんですが、裏を返せば、「生きている犬だからこそ蹴飛ばされる」つまり、「活躍しているからこそ、批判を受けることもある」し「とるに足らない様な人物なら、批判や攻撃さえされないんだ」ということなのだろうと思います。

やはり、これまで市場を牽引してきたAppleだからこそ比較広告に使われるということ。名誉なことだと思います。

デール・カーネギーの本読んだことがない方は、数年前にまとめた記事があるので以下リンクよりどうぞ。

LINK: 自分のためのデール・カーネギーまとめ How To Win Friends & Influence People

LINK: 自分のためのデール・カーネギーまとめ How To Win Friends & Influence People その2

LINK: 自分のためのデール・カーネギーまとめ How To Win Friends & Influence People その3

LINK: 自分のためのデール・カーネギーまとめHow to Stop Worrying and Start Living4

LINK:  自分のためのデール・カーネギーまとめHow to Stop Worrying and Start Living 5

 

 

 

 

タブレット市場、2013年度前半はAppleのシェア減少。後半は新型iPadで巻き返しなるか?

MacRumorsさんによると、今年前半のタブレット市場でAppleは苦戦しているようです。

新型iPadの登場待ちのこの時期、当然といば当然の結果ですが、前年比 -14.1%とは残念な結果です。

リサーチ会社のIDCが発表した情報によると、2013年度Q2の全世界のタブレット端末出荷数で、とうとうAppleのシェアは全体の3分の1を下回りました。前年同期は60.3%を誇っていましたが、直前の四半期では39.6%と、かろうじて3分の1を超える程度になってしまっていました。

他のタブレットメーカーは、前年同期比100%〜300%程度の増加となっています。

ただ、IDCによると他のトップメーカーも徐々に販売数が減少してきており、大々的な新機種の発表が少なかったため、世界全体のタブレットマーケットの伸びが鈍化しているということのようです。

この2年、Appleのシェアは下図のような変遷をたどって来ました。

続きを読む

Apple デベロッパーセンター、今週中にも完全復旧へ。

MacRumorsさんによると、Appleのデベロッパー向けサイトの機能がダウンしている問題が、今週中にも解決されるだろうとのことです。

Appleのデベロッパーセンターでトラブルが発生して8日間、サイトは完全にダウンしていましたが、先週、Appleは一部機能を復旧させました。しかし、いまだに多くの機能が停止したままになっています。

Appleは今週末までに、残りのサービスについても復旧させるという指針を示しました。

我々は、デベロッパープログラムのオンラインへの復旧を、辛抱強く待ってくださっているみなさんに、大変感謝しています。作業の進行に伴って、順次オンラインへ復旧させていく予定です。

サービスの多くは ―つまり、iCertificates, Identifiers & Profiles, Dev Centers, software downloads, Videos, Apple Developer Forums, iTunes Connect, Bug Reporter, App Store Resource Center, and access to pre-release documentationなどですが―すでにオンラインになっています。

残るサービス―Xcode automatic configuration as well as access to license agreements, TSIs, program enrollments, and renewals in Member Center―についても、今週末までの復旧を予定しています。復旧状況についてはステータスページで参照していただけます。

(後略)