iPhone初心者の方は注意!Lightningケーブルは、MFI認証品がおすすめ。iOSアップデートで拒否られないために!

以前の記事でもアクセスが多いのが、Lightningケーブルに関する記事なのですが、(過去記事LINK:ロジテックMFI認証Lightningケーブルがかなりいい。純正よりも頑丈!

 

特にiPhoneデビューしたての初心者の方は、ご存じないでしょうが、AppleはiOS(iPhoneやiPadの基本ソフト)をアップデートするたびに、MFI (Made for iDevice)認定を受けていないケーブルや周辺機器が使えないように対処しています。

これは、粗悪品の横行を防ぐためですが、ユーザーとしては自分が持っている製品が突然使えなくなるという悲劇が起こり、悔しい限りです。

私も以前、AVケーブルや、巻取り式のドックケーブルが購入後数日で使えなくなるという悲劇に会いました。(泣)

ということで、ちょっとお高いですが、MFI認定品を買うようにしています。

ケーブルで特におすすめなのは、上記過去記事で紹介してるロジテックのケーブル。しっかりしていて、とてもいいですね。

あと、巻取り式ケーブルの中でもMFI認定品で、かつお安いのがサンワダイレクトさんの以下の製品。MFI認定品の巻取りケーブルは2200〜2400円ぐらいのものが多い中で、こちらは1700円程度と、ずいぶんお値ごろです。

黒も白もあるので、本体に合わせて買うといいですね。

MFIでなければもっと安い製品もありますが、先日もiOS7のマイナーアップデートで、いくつかの製品が弾かれたようですので、MFI製品が安心だと、私は思います。

iPhone5S vs 5C、販売数は2:1。

AllThingsDによると、iPhone5Sと5Cの販売数は約2:1の割合で、5Sのほうが人気のようです。

このレポートによると、iPhone5Sが64%、5Cが27%、のこりの9%を4Sが占めています。

以前からのユーザーで、今回買い換える人はやっぱりよりより機能を求めての買い替えとなるでしょうから、5Cは選択しにくいでしょう。

ただ、純粋に機能面だけ見れば、4S以前のユーザーの買い替え対象に、5Cは入ってきてもいいんじゃないかなあと、思います。

次期iPad miniはやや厚くなる?サードパーティ製のケースから判明。

MacRumorsさんによると、iPad mini用のサードパーティ製ケースの寸法から、次期iPad miniは0.3mm厚くなることが判明したとのことです。

情報源は、日本のMacお宝鑑定団Blogさんです。

同サイトによると、

続きを読む